作成者別アーカイブ: ヤマシタクニコ

ヤマシタクニコ について

夜になると目が冴える。休日の午前は私にとって存在しない世界。 ぼうっといろんなこと考えるのが好き。なのに気が短い。なんでだろ。

夢と陸橋

初夢となる昨日の夢はジェム(という名前の小さな英和・和英辞典)そっくりで、でもジェムより大きい、たぶんA5サイズの本をメルカリに出すという、どうってことない夢だった。
実はダーリンが持っていたジェムが行方不明になっているのだ。あれを捨てようと思って捨てることはない。ダーリンの所持していたものの中で数少ない、私もほしいと思ったものだったから。
だけど、小さいので何かに紛れてしまった可能性は否定できない。まだ片付けてないところがあるので、そのうちひょっこり出てくるんじゃないかと思ってたが、いつまで経っても出てこない。やっぱり知らない間に捨ててしまったのかな・・・と気になってた。それが夢に出てきただけで、夢としては飛躍も奇想もないものだ。まあ私のみる夢なんかそんなものだ。
でも、どっかから出てこないかなあジェム。もう無理か。

堺市庁舎の展望ロビーでプロジェクションマッピングが見られるというので、行ってみた。展望ロビーは21階の高さで、360度開かれた大きな窓から夜景もきれいに見える。その夜景に重ねて音楽とともに映像が映し出されるのだが・・・・・・・・・

 

夜景だけのほうがよかったと思う。

 

気を取り直して。
帰りに堺東名物(と私が勝手に思っている)、大小路橋を撮ってきた。ぬめぬめとややこしい陸橋でおもしろい。広角持ってけばよかった。また撮りなおすかな。

 

そういえば、去年一番最後にみた(というか、覚えている)夢は、仕事をひとつ、完全に忘れていたことに気づいてぼーぜんとするという夢だった。夢と知ったときの安堵感といったら(しかも、この手の夢ははじめてではない)。

今晩みる夢が初夢なのかな。
いい夢がみられますように。

今年はとうとう、元旦に一部持ち越してしまった、年賀状書き。・・・

あけましておめでとうございます

やろうと思ってたことの大半を積み残したまま2018年が無情にも終わってしまいました。今まででもっともひどい出来だったような気がするけど、単に計算外の出来事が多かっただけで、そのこと自体は悪いことではないと、いいように考えることにします。
ともあれ、机のまわりを片付けなければ。データのバックアップしなければ。USBポート増やさなければ。写真の整理しなければ。掃除しなければ。録画したままほったらかしてるやつを見なければ。
というのは後回しにして、今日はだらーんとしようかな。
今年もよろしくお願いいたします。

写真はお正月とか新年とかと全然関係ありません。

映画観てきた

久しぶりに映画を観たというか映画館に行ったというか(感無量)。
とりあえず「ボヘミアン・ラプソディ」。うん、良かった。
特にクイーンのファンというほどではないんだけどね。
クイーンはあの当時、「変わったバンドだな」と思ってた。音域広く、それを誇るように朗々と、これでもかとばかりに歌うリードボーカル、そしてコーラスがやたらキマってて。そんなバンドはほかになかったように思う。
フレディ・マーキュリーが若くして亡くなって、そんなできすぎた話があるのかと思った。天才肌の人間が伝説になる。ドラマを地でいってる。

三連休も終わったし、この映画が公開されてずいぶん経っているからもうだいじょうぶだろうと思ってたけど、ほぼ満席。私の隣の席の人は(連れの人との会話でわかったが)リピーターらしく、当然熱心なファンなんだろう。途中からずびずびとすすり泣き始めた。私もつられてハンカチを取り出したけど、よく考えたら筋金入りのファンでもない私が泣くとしたら単に「ああ、この人は死んじゃったんだ」という感傷に過ぎないだろう。それは映画に対して失礼な気がして泣くのをやめた(やめられるんかい!)。

改めて聞くとやっぱりクイーンってすごいなと思った。すいません、今頃で。

写真は今日の御堂筋。

一段落したが

やるべきことがいくつか重なってばたばたしていたが、一段落した。ふーっ。
さー、後回しにしてたこと、どれから手をつけようか。と思いつつ、今日はどーっと気がゆるんで、ゆるむままにしてしまった。ま、いいでしょ。

写真は何日か前に撮ったもの。ああ、どっかに写真撮りに行きたい。それから映画に行って、本読んで・・・それから・・・。

荒野の果てに

毎年いまごろはあちこちでクリスマスソングを流しているんだけど、今年はおや、と思った。
ずいぶん長い間、「雨は夜更け過ぎに〜」が続いていたが、さすがにそれはだいぶ前になくなってWAM!の「ラストクリスマス」に、変わったと思ったらそれもすでに聞かなくなり、マライア・キャリーの「All I Want For Christmas Is You」も今年は一度も聞かない。かわりに何が、というと「荒野の果てに」。賛美歌106番。「グロ〜〜〜リア〜〜」というやつ。題名は知らなかったが「クリスマス グローリア」でぐぐったらすぐにわかった。これを毎日毎日聞かされている。といってもうちの近所限定の話だけど。
なんか地味だよね。
ロマンスのかけらもないし。

写真はなんばパークス。

 

 

京都駅ビルのイルミネーション

相変わらず京都駅は観光客てんこ盛りだ。
駅ビルに入って、視線を上げると大きなツリーが見えるのでみんなそこを目指してエスカレーターでツリーのふもとまでのぼる。ツリーの前は例の大階段でイルミネーションが刻々と絵柄を変化させながらきらめいている。

大階段のほうは宙玉で。

 

京都駅前

今日は仕事で京都に行った。場所が京都駅前だったので当然JRで行った。おとといはやはり仕事で、JRで茨木に行った。というとなんだかアクティブな毎日を送ってるように思われるかもしれないけど・・・たまたまです。基本、だらだら過ごしてます。安心してください。

しかし、ここでも何回も書いたような気がするけど、JRは苦手だ。どうして家に帰るのに「西明石行き」とか「姫路行き」とかに乗らないといけないのだと思う。何か間違ってるような気がして仕方ない。阪急や京阪だと終点の梅田や淀屋橋までぐうぐう寝てられるけど、JRはとにかく気が抜けない。うっかり寝て目が覚めたら西明石だったりしたら私は途方に暮れるにちがいない。

でも京都駅は何回いっても楽しくてきょろきょろしてしまう。
それと、京都タワー。写真を撮り始めたころは夜の京都タワーがうまく撮れなくてぼけぼけでいやになった。最近はそんなことないのでうれしくてつい撮ってしまうが、腕が上がったのではなくカメラの性能が良くなったからかな。

水のない池

ひさしぶりに近くの公園に行ったら、池の水がすっかりなくなっていた。農業用のため池なので、用のないときはこんなふうに水を抜くのだ。
写真を撮っているとジョギングしてる人が足を止めて「全然水ないんですね」と話しかけてきたので、「そうそう、ここはね、もともと農業用のため池だからこんなふうに水抜くんですよ」「そうなんですか」「ほら、そこなんか、自転車が朽ちてるでしょ」とか、いかにもよく知ってるかのように答えたが、実は実際に水がないところを見たのは初めてだった。

ここにいたカメはどこに行ったんだろうか。事前にお知らせでもあったんだろうかと、ちょっと心配にならないこともないが。