投稿者「ヤマシタクニコ」のアーカイブ

ヤマシタクニコ について

夜になると目が冴える。休日の午前は私にとって存在しない世界。 ぼうっといろんなこと考えるのが好き。なのに気が短い。なんでだろ。

disられる朝ドラ

朝ドラの「ちむどんどん」がネットでむちゃくちゃdisられていて、Twitterでそれを読むたびほとんど感心して、もはや楽しみにしている私である。なんだそれ。

私は別に批判するほどでもなく、かといって賞賛する気もなく、え、いつものつまらない東京制作の朝ドラじゃない?と思うだけだ。主人公が明るく前向きで、地方出身だけど結局東京に出て行ってなんだかんだする、一極集中を煽るドラマだよね、という。何を今さら。まだ「エール」「なつぞら」「おかえりモネ」「まれ」よりましだろと。

「ちむ」がdisられるのは「カムカム」が評判良かったのでその反動もあると思う。「伏線回収」されないことに苛立つ声が多いのは「カムカム」の副作用かも。視聴者、気が短すぎ。始まってあっという間に「伏線回収」されたり(それはもはや伏線ではないのでは)謎が解き明かされたりするもんじゃないだろう。半年間のドラマなんだし。

もちろん、「カムカム」も面白かったけど不満足な点はある。「おいしいものを食べるときはみんな笑顔になる」とかいうセリフが何度も出てくるところとか。意地でも怖い顔して食べたるわ!という気持ちになったけど私がやらなくても「こわもての田中」がやってくれてたっけ。

でも、「ちむ」の時代考証が甘すぎるという声の中には「へー」「なるほど」と思えるものも多い。
新聞社編で「あの頃の職場にしては誰もタバコを吸わないのが不自然」とあったので、それは確かに!と思った。
かつてはどこの職場でもタバコの煙もうもうで、毎朝吸い殻の溜まったおっさんたちの灰皿を片付けて回るのが女たちの仕事だったりした。ひどい時代だ。一時期アルバイトしていた職場は「密」もいいとこで机をぎっしり詰めこみ、その人たちがモクモク煙吐くもんで、リースの観葉植物も枯れてしまい、業者が取り替えに来て「ここはタバコがひどい・・・」と小声でぼやいていた記憶がある。あれ?・・・私も「モクモク」してた一人だったっけ?

ジローラモ扮する料理人をインタビューするシーンで撮影係がやたらお手軽に撮影してるなとは思ったが、目ざとく機種を特定、「昭和48年の一流紙の新聞記者が取材にアサヒペンタックスSP使うか? ニコンFかF2ぐらい用意したれよ」とあったので「ほ〜」と思った。しかも、フィルムを入れずに巻き上げるポーズをしてたことも分かったようなので、カメラファンさすがや。

あと、何度も問題視されているのが「借金はどうなったんだ」「借金があるのに、この家族の考えはおかしい」というもので、確かにちょっと甘いかなと思うことはあるけど、あまりにもこの問題がしつこく言われるので、だんだんと、これって生活保護受給者に厳しい風潮と同じじゃないか思えるようになってきた。貧乏人は貧乏人らしくしてろよ、みたいな・・・。

この当時は高度成長の時代だ。物価も上がったけど、給料もどんどん上がって、今後も上がると思えたから「庶民でも頭金だけ用意すれば借金しても家が買える。月々の返済はどんどん楽になるから」とみんな考えるようになってきた時代。預貯金の利率も良かったし、今より社会全般が楽観的で明るかった時代。そして、今よりは気軽に、(沖縄でなくても)お金を融通し合えた時代だったんじゃないかな・・・借金しても後々なんとかなった時代なんじゃないかな・・・と思う。そういったことは親から聞いた話でうかがい知ることができて、推測してるだけで、私は家計を管理する立場でなかったから詳しくはわからないけど。

まあ、もっと気楽に見ればいいんじゃないかな?

写真は母校の庭にあったユーカリの木。葉っぱが丸くてきれいな色(銀色っぽい)で、なんの木かと思ったらどうもユーカリらしい。ユーカリにはとてもたくさんの種類があって、コアラの好きなのはもっと細長い葉のユーカリらしいんだけどね。

ひと月遅れの写真

ここ二三日、なぜか朝の8時〜9時頃に目が覚めるということが続いている。3時半頃に布団に入って、少しだけスマホでSNSとか見てるうちに「ああ、もうだめ」て感じでぱたっと入眠。10時過ぎまで爆睡という日が続いていて「その歳でよくそんなに寝られるわね」と、さんざん周りから言われてた私が。

でも原因はわかっている。仕事が一段落して、まだしなければならないことはいくつもあるんだけど、ちょっとひとやすみしたくて、あせりつつのんびりしている。すると単純なもので体がそんなに疲れていないので早く目が覚めるのだと思う。
あと、だいたい夏になると早く目が覚めるようになる。毎年。まだ夏の日差しではないんだけど、少しずつ朝日の威力が増している今日この頃なんで。いやだなあ。

というわけで、ひと月以上前に撮ったままでそのままほったらかしになっていた植物の写真をまとめて。
忙しい時でも気分転換したくて買い物ついでに公園に寄ったりする。で、写真を撮る。でも、整理する時間がないんだよね・・・。もう今頃はこの写真の花たちは役目を果たしてしぼんだり落ちてしまったりしてると思うけど(ごめんね)(別に謝ることないか)(おまえのブログに載せてほしくなんかねーよ、てか)。

上から順にハナミズキ、シャガ、藤、最後はムラサキサギゴケ・・・かな?
どれもO公園にて。時々しか行かないので、行くとその都度、前回にはなかった(気づかなかった?)花たちに出会う。
ハナミズキは周りが薄暗い、あまり人の行かない公園の片隅で、ハッとするような気高い感じで咲いていた。ハナミズキはやっぱり白に限る!と思った。割と大きな立派な木だけど、この写真ではそんな感じは伝わらないよね。
シャガはちょっとした群落になっていたので、前からあったんだろうな。その季節に行かなかったから気づかなかったと思う。
藤の花も、ここの藤棚は白と紫があるようで、以前行った時は白だけで、あまり見栄えがしなかった。白と紫では開花時期が違うのだろう。
カーペットを広げたように咲き誇っていたムラサキサギゴケの群落も今までなかったように思うけど、わからない。草たちの興亡は激しいからなあ。


ちょっと疲れた

しばらく忙しくて、バタバタしてて、ブログ書く余裕もなかった。気がつけばもう5月の下旬だ。あせる私。疲れた。忙しいだけで何もできてない。ちょっと真剣に考える必要があるな。
と思いつつだらだらと時間が過ぎる。

今日はとあるカフェで打ち合わせをしたあと、帰り道のバス(行きは徒歩だった)の中から「あ、この風景、撮りたい!」と思ったところがあり、どうしようと迷ったが結局、一旦駅前に戻ってからまたバスで戻った。

しかし、その場所に行ってみたが、何か違う。バスの座席の高さ、バスそのものの位置(当然、車道)が違うせいか。車道の真ん中でカメラを構えて撮るのも危険なので(いくら車の量が少ないとはいえ)、離れたところから望遠で撮ろうと試みたが、やっぱり違う。何が違うのかよくわからない。時間も、ものの20分程しか経ってない。とはいえ、太陽や雲の位置もあっという間に変わるけど。
とりあえず撮ったけど、全然だったので帰ってから削除した。

さっきの風景はどこに行ったんだろう。

これはその場所ではない。

びっくりした

昨日はほんとびっくりした。7時だと思ってたら10時だなんて。

夕方、ちょっと早めに買い物に行って帰宅。晩ご飯まで時間あるし、細々とした雑用を片付けておこうと思ってあれこれやっておく。ずいぶんはかどったなとけっこう満足して、ふと時計を見たら7時ちょっと前。そろそろ7時のニュースだ。テレビをつけてみる。

テレビでは元白鵬が出てて、しゃべっている。そろそろ終わるだろうと思ってたら終わらない。
7時のニュースの前にこんな番組あったかな。
あったんだろうな。
え、でももう7時になったよ? おかしいな。なんか番組変わった?

ふとその時iPhoneを起動したら起動画面に大きく「22:03」。

iPhone、なんかおかしくなってる。何この表示。今が22時のわけないやん・・・と思いかけて・・・え、ひょっとして・・・パソコンのモニタの上の方にに小さく表示されてる時刻も22:03。

えーっ!
なぜだー!!

その時の私の表情は多分、佐藤浩市扮する上総広常みたいだったと思う。信じられない。嘘だ。嘘だと言ってくれ。
時計が3時間も遅れてたなんて。ええっ、じゃあ「晩ご飯までにちょっと片付けておこう」と思って、4時間くらいなんだかんだとやってたわけ? そういえばお腹空いてるような気もするけど、ひょっとして、ひょっとして・・・私ってアホか?!

なんだかショックでしばし呆然としてしまったけど、そうとなったら早くご飯食べなくちゃ、早くお風呂に入って、それから。

それからなんだか慌ただしく過ぎた昨日。見逃すことが多いから録画予約しようと思ってた大河ドラマはもう終わってたし。NHKプラスで見たけど。

3時間、損した気分なんだけど、そうじゃないのかどうかよくわからない・・・。

御衣黄

1週間くらい前、御衣黄(ぎょいこう)を撮ってきた。緑色の桜で、珍しい品種ではあるが、珍しい品種としてはありふれているかもしれない。「ぎょいこう」と入力すれば変換候補に上がってくるし。インスタでは「#御衣黄」「#御衣黄桜」といったタグが何種類もあるし。わが街にも何箇所かで植えられていて、その内の1箇所。

しかも、そこは昔私が住んでいた団地のすぐそばでもある。あの団地を遠目に見るとなんだか胸がキュッとなるのだけどね。昔々、私とまあちゃんが住んでいました。という気持ちになるから。

まあそれはいいとして。時期的にはちょうどよかったみたい。前に一度行った時は少し遅かったけど、リベンジができた。

御衣黄は、最初はこんな風に本当に緑色一色。

ところが、だんだん赤いラインが出てくる。
これくらいの時が一番きれいかな。次第に花びらの緑色がさめて、黄色味が勝ってくるみたい。

それにしても、本当に緑色。野菜みたい。
珍しい桜といっても、ぱっと見、花が咲いてるように見えないせいか、歩いている人も全く無視状態。(何撮ってるんやろ、このおばはん、じゃまやなあ)とでも言いたげな視線。
「あら、これが御衣黄?」「へー!」とか注目してもらったら御衣黄もうれしいんじゃないかと思うけど(本人に確認したわけではありません)。

鳥はかわいい

去年、「0655」の「声の主」という曲でシジュウカラの声を覚えた。

前からヒヨドリやキジバトは知ってたけど、「スピ、スピ、スピ!」とけっこう大きな声で鳴く鳥がいるなと思ってた。春だったと思う。なんて鳥かなと思ってたら、その曲で「あ、これだ!」とわかってうれしかった。

※「声の主」はyoutubeにもあると思うので探してみてください。また時々放送されると思うけど。「2355」でも時々やってるし。ちなみにその歌では「トゥピ、トゥピ」となってるけど、私は「スピ、スピ」だと思う。

今年も、あー、春だなーと思う頃、スピ、スピ、スピ!の声。今年は「ふむ、今年もシジュウカラが元気に鳴きだしたわい。春じゃのう」と余裕の私。ふふ。

で、そうなると写真に撮りたくなるもので。
家の中からでも撮れるだろう、とカメラを構えて待ってもなかなか近くに来ない。

ムクドリはすぐ撮れたけど、珍しくもないよね(そういう鳥に限ってくっきり撮れたのはどういうことだ)。いや、よく見るとかわいいけど。

シジュウカラは地上に降りてきてもせわしなくすぐ飛んで行ってしまう。ムクドリやツグミみたいにヒョイ、ヒョイと歩きながら餌を探したりしないみたい。知らんけど。

と思ってたら、雨の降る日だったけど、割と近くに来た! 上の写真のムクドリの位置からさらに3メートルくらい先かな。あわてて撮ってけど、ちょっとピント甘くて残念。わざわざこっち向いてくれたのに。ごめん。いや、ごめんってゆうてるやん、怒らんといて。

ついでにツグミも撮ってみた。これは1週間くらい前かな。桜がそろそろ散り始めた頃。
ツグミは冬鳥で、春になったら帰ってしまうらしい。「おいらもそろそろ北の国が恋しくなってきたぜ・・・」などと物思いにふけっているのかも。私も、もうすぐいなくなるんだな、今のうちだなと思って撮らせていただきました。

でも、さっき見たら、まだツグミいた。

帰らんのかい!

「カムカム」終わって

「カムカムエヴリバディ」が終わった。私もけっこうハマって、録画を繰り返し見た回もあった。しかし、いよいよ最後になって、今の安子がどうも受け入れられない。森山良子ファンには悪いけど。
森山良子の演技は上手いとは思うけど。
どー見ても、あれって「安子のふりをした詐欺師」だと思うんだよね。
一体何の目的があってそんな詐欺をしてるんだと言われても困るけど。
ぱっと見だけでも怪しいよね。
キャラ、全然違うし。

少なくとも私の目はごまかせないぞ!

映画観てきた

「ザ・バットマン」(今回は「ザ」がつくんだ)を観てきた。上映時間176分、ってほぼ3時間。大丈夫かな、途中でトイレ行きたくなるかも、と不安だったが、まあ大丈夫でした。なんだかすごく盛りだくさんで退屈する間もなかった。

主役であるバットマン、というかブルース・ウェインがめちゃダークで、突然キレそうな危うさと繊細さが同居するむずかしい人という設定。怖い顔して俯き加減に歩く姿はとても「ヒーロー」というイメージではない。でも、いろいろあって、乗り越え、「大人」になっていく、みたいな話なんだけど。

バットマンシリーズは監督や脚本によってその都度がらっと変わるけど、変わらないのは夜のゴッサムシティの退廃的で魅力的な景観。今回はそれに加えて雨がよく降っていた。もちろん視覚的効果を狙ってのことと思うけど。そして、その雨の夜のカーチェイスシーンがものすごい迫力でかっこいいんだわ。見ていて思わずシートに座ったまま身を引いたりしてしまう。
とりあえずエンタメとしては十分でしょう。音楽もよかった。

夕方に見たので終わったら8時。ところがその時間帯にしてはけっこうな人がロビーに。ほぼ入れ替わりに「ドライブ・マイ・カー」が始まるらしい。なるほど。
「ドライブ・マイ・カー」って3時間近くあるらしいし、無理、私はパスだなと思ってたが、調べたら上映時間179分。「ザ・バットマン」と3分違いか。

でも多分、「ドライブ・マイ・カー」は見ないなあ・・・。

映画観てきた

「林檎とポラロイド」という映画を観てきた。

記憶を失う病気が流行している社会。突然記憶を失って家に帰れなくなる人続出。身内が迎えに来ればいいが、そうでない場合は入院生活が続く。主人公の男もそうなって、誰も迎えに来ないのでどうしようもない。治療のためのプログラムを受けることになる。次々に指令(課題と言うか)が来て、それを1つずつこなし、ポラロイドカメラで撮影して証拠として残さねばならない。街に出れば同じようなプログラムをこなしているらしい人たちと出会うことも珍しくない・・・というような話である。

誰もがスマホを持ち、街には防犯カメラがそこここに仕掛けられている現代はある意味身元不明になりたくともなれそうにない、と思うが、そのために、なのかどうかは知らないが映画の設定はいつとは明示されていないが、とにかく「今」ではない。オープンリールのテープレコーダーやカセットテープが使われていて、街で買い物をすれば紙袋に入れて持ち帰る。主人公はツイストをとても上手に踊る。

といって特定の時代を描こうとしているのではなく、ある日、あるところで、ある人が・・・という物語だと思う。医師や看護師はどこか変だし。要するに私の好み。そして明白な「オチ」もなく、「伏線回収」でスッキリ、という話より自由に解釈できる話が私は好きである。

というと、「え、いつもショートショートばかり書いてるくせに?」と言われそうだが、それは誤解だ。私の憧れは「オチのない話」である。起承転結くそくらえだ。

というわけで、小説みたいなこの映画を観て、そうだ、書かねば、と改めて思った次第。

主人公は映画の中で何回もりんごを食べるのだが、上の絵のように左手にりんごを持ち、右手に持ったナイフでりんごをこそげるように切り取ってはジャク、ジャクと食べる。右手にナイフを持ったまま。海外の映画では以前もこんな食べ方を見たような気がする。

しかし、りんごがよほど好きな人でないとこの役はできないなーと、つくづく思ったが、それをいうなら「カムカムエヴリバディ」に出てくる人は何回もおはぎを食べさせられて大変だろうなと、ずっと思っていた。おいしそうにパクパク食べてるけど、本当はがまんしてるんじゃないだろうか、と。私はおはぎが苦手なので、1つでも無理。
後半になっておはぎが回転焼きに代わって、ああ、これならなんとかいけそうと思った。
何をいちいち心配してるんだろう、私。

反響する

団地の中って、音がすごく反響するんです。
最近は少なくなったけど、布団をパンパンたたく音もけっこう大きく、あたり一帯に反響します。え、どこでたたいてるんだろうと思って目で探すと、向こうの棟で手を動かしている人がいるので、あ、あれかと思うんだけど、全然現実感ない。あの動きからこの音が?みたいな。

まあその時の風向きとか、いろんな要素も影響してるのかなと思うけど。

キャリーを引いて歩く時もゴリゴリと、すごい音がする、ように思う。なので、遠回りの道にしたりする。

そんな感じで、今日(あ、昨日だ)も、どこかに出かけるところなのか先に車に乗り込んで家族を待っていたらしいお父さんの元へ子供が、た、た、たと近づいて言ったひとことがものすごく明瞭に団地いっぱいに響いたのでした。