カテゴリー別アーカイブ: 未分類

うなされた

今日は夢をみてうなされて、わーわーと叫ぶ自分の声で目が覚めた。
この間からちょっといやなことがあったからだと思う。
といっても、あくまでも「ちょっといやなこと」であって、そんなに大げさにいうほどではない。たぶん、なんかのはずみで記憶のその部分にスポットライトがあたってしまい、さらにある種のエフェクトがかけられて「わーわー」叫ぶことになったのだと思う。細部は覚えていないけど、起きた直後に「あのせいだな」と思った記憶はある。
おかげで熟睡できなかったので、今日の前半はあまり調子がよくなかった。いまはすっかり良くなった。チョコレートって、オレンジピールとかレーズンの入ったやつがやっぱり最高だね(脈絡もなく書く)

写真は梅田のスカイビル。ふもとでサーカスやってるんだよ、今。

映画観てきた

「ファースト・マン」をとうとうまともな時間帯にやってるうちに見逃したなと半分あきらめてたら(だって朝の9時台なんてどこのヤマシタさんが観に行くんですか!)梅田のステーションシティシネマで夕方のちょうどいい時間にやってることがわかったので、行ってきた。

よかった。観に行ってよかった。
でもすごい緊張感で、私は絶対宇宙飛行士にはなるまいと誓った。ええ、だれがなんと言おうとお断りします。
これってSF映画になるのかな。違うような気がする。とすると、何になるんだろう。そういえば、近所のツタヤでは「SF」とか「ホラー」とかの分類にまじって「ドラマ」というのがあるけど、ドラマって・・・。

映画の途中、終盤近くで「無音」になるところがあるんだけど、そこで私のおなかがすごい音をたてたので、思わずえへん、おほん、とか体をごそごそ動かしてみたりしたけど、効果なかったと思う。

写真は映画館のそばで。

泣ける

姫野カオルコの「彼女は頭が悪いから」を読了。2年余り前にあった東大生グループによる強制わいせつ事件を題材にした小説。もちろん、小説、というかフィクションであって事実そのままではないが、かなりの部分が、われわれがメディアを通じて知ったことほぼ重なる。

出版後、昨年12月に東大で開かれたブックトークには作者本人も登壇したが、東大大学院教授である瀬地山角氏の厳しい批判もあり、えらく紛糾したということだ(文春オンライン2018.12.27)。小説の中では架空の地名や学校名も出てくるようだが、東大は東大としか書いてないし(私ならびびって、微妙に名前を変えるかな)、東大生や関係者にしてみれば、黙ってられない気分になるかも。それは私も読みながらちょっと思った。

でも、私は読んでいてすっかり主人公の美咲に感情移入してしまい、泣けて泣けて仕方なかった。作者の書きたいこともそっちにあると思う。
姫野カオルコはいつも、恋する女の子の心情を書くのがすごくうまい。あの事件の報道を何度読んでも「?」な部分は残るんだけど、小説では、ああそうなんだ、そうなんだと納得させられる。切なすぎる。つばさのやつも、少しでも美咲にひかれたってことは、まったく見込みがない人間じゃないはずなのに、がっかりだよ(さらに感情移入)。
あと、地方と首都圏の差も印象に残った。格差ではなく、差。大学というもののとらえ方が、首都圏ではちょっと特殊な感じ。最近に始まったことでもないけど。

ゆうべはテレビで「フルーツ宅配便」を見てたらこれまたきつい展開で、泣きそうだった。女はいろいろしんどい。

写真は梅田で。マネキン。

梅林

お天気がよかったので近所の梅林に行ってきた。毎年行ってるところだけど。

梅を見に行くのは桜を見にいくより難しい。白梅、紅梅、両方が1本に咲くやつとか品種がいろいろあって、咲く時期が微妙にずれている。
ずれるからこそけっこう長い間楽しめるわけだけど、ある品種が花盛りなときは別の品種がすでに一部しぼんだり散ったりして、ややしらける。
それに梅の時期はまだ寒かったり、暖かい日があったりする。
寒いと観梅どころではない。
暖かいと人がぞろぞろとやってくるので、またしらける。そもそも暖かくなったころはすでに半分くらいの品種は盛りをすぎているので、カメラを向けてもきれいな梅ばかりとは限らなかったりする。

そういう幾多の問題点をクリアして、今日はあたたかで空も青く、白梅も紅梅もおおむねいい感じで咲いていて、しかも平日で人出も少なくおだやかで、できすぎともいえる日だった。

最近の私はひとりで出かけてもたいていだれか見知らぬ人に話しかけられる。今日もそうだった。私はすでに濃厚なおばちゃんフェロモンを発していて、それをかぎつけてやってくるのだと思われる。

映画観てきた

今日はインド映画「パッドマン」を観てきた。妻のためを思い、生理用品の普及に努力する男、ラクシュミの悪戦苦闘を描いた、実話をもとにした作品。

という程度の前知識しか持っていなかったので、いろいろびっくりした。
生理が穢れと思われ、その期間中は家の中に入ってはいけない(廊下みたいなところで寝起きする)とされていること、ナプキンが普及しておらず、あまり清潔でない古布を使ってることなどは、あーそうなんだと思うが、ラクシュミが試行錯誤しながら自分で作ったり、モニター(とは言ってなかったが)を探したりしていると、それだけでとんでもない扱いを受け、「もうそんなこと言わないで」「恥だから」と一族離散村八分になりかねない大騒ぎで泣くのわめくのというのを見てると、ギャグなのか笑わせてるのかとまじ悩んでしまった。これが「2001年」のことだという。
(だけど、いま書きながら思い出すと、女をばかにしてくやしい、むかつくという気持ちにはならなかった。なぜだろう。あまりにもあまりなので、メルヘンの世界のように思えてしまうからだろうか? ラクシュミがものすごくやさしいからだろうか?)

で、インドにはその時点で生理用品が存在していなかったのかというとそんなことはなく、あるのだけど、ものすごく高価で、貧しい人にはとても買えない。だけど、都市部に住む知識層の人間は普通に使っている。都市と地方の格差が大きいのだ。地方の村ではヒンズー教の信仰が生活に染み込んでいるみたいで、その影響が大きいのだろう。そして最終的にラクシュミはやはり地方の自分の村に・・・って、ネタバレになるからやめておこう。

ラクシュミは立花萬平みたいな男で、もともといろいろ工夫して作ったり(妻と自転車に二人乗りしやすいように、椅子を据え付けたり)、補修するのが得意。仕事の確かさには定評があるようだ。だけど、いったんものづくりに入り込むと夢中になって、まわりがなんと言おうとあきらめない。やっぱり萬平か。パッドの次はチキンラーメンを作ったのではないだろうか。

ニューヨークでなんとかいう人が挨拶(演説?)する場面で「我が国には人口増という問題がある」というのを聞いて一瞬、がーん!となってしまった。インドと日本は・・・ものすごく遠いのだ。

追記:映画は実話を元にしたものだけど脚色もあります、みたいな説明が冒頭にあった。どのへんが脚色かは不明・・・。

写真は今日の梅田。

原田アーチ橋

ところでこの間行った原田の森ギャラリーは王子公園駅から歩いてすぐなのだけど、歩いていてなんだか妙な景観が・・・。

神戸というとそんなに何回も行ってないんだけど、記憶では道が斜めに交差してたり歩いていると「え、なんだか傾いてる?」と感じられる程度の細かな高低差が仕掛けられていたり(いや、別に仕掛けてはないだろう)、私みたいな方向音痴&運動音痴には難度の高いところという印象がある。養老天命反転地ってこんな感じではという(ちょっとオーバー。そもそも養老天命反転地行ったことない)。王子公園駅付近もそんな感じだった。

王子公園駅は高架の下にあって、この高架橋は原田アーチ橋というらしい。昭和11年にできたものだとか。下の写真の部分は駅に近いあたりで、正面からでないのでわかりにくいかもしれないけど、最初、「切り口(?)が斜めに見えるけど目がおかしいのかな・・・」と思ってしまった。目がおかしいのではなく、ほんとに斜めなんだよね。かなり雄大なアーチで、広い道路をゆーったりとまたいでいる。斜めに。
橋脚の足元は、はかまはいたようにスロープになっていたり中程でふくらんでいたり。何か必然性があってこうなってるんだろうけど・・・。

え、どうなってんの?と思ってしまう。

で、この左手が駅。

この高架はここから三宮まで続くらしい。高架沿いに歩いたらいろいろ発見もありそうだ。この日はもう日が沈みそうだったしお腹も空いたのでやめたけど。

工場夜景

ここに書くのが遅れたけど、土曜日は工場夜景の撮影会に参加したのである。
工場夜景とか廃墟って、最近急速に普通になってるように思うが、ヤマシタ撮ったことない。だいたい大規模な工場群って車でもないと無理な場所だったりするし、夜だし、私、いちおう女だし(ここ、強調)。なので、撮影会は貴重なチャンス。撮影会によっては抽選になる人気ぶりだが、今回は友人のKさんが誘ってくれての参加。

ところで、今回の工場夜景は大正区の中山製鋼だったのだが、これは「工場夜景」と聞いてイメージするキラキラ系ではなく、ひたすらシブイ、暗い工場なのであった。一部はほとんど廃墟っぽい感じすら漂う。工場夜景というより夜の工場(どう違うんだ?)。とにかくひたすら長秒露光。ノイズを減らすためにISO感度も低く。ものすごい時間かかるけど、こうして撮ると夜なのに昼間みたいに明るく撮れる。いや、昼間とはちょっと違う不思議な感じだ。なんだろうな、これ。

でも、こういうとこは昼間に撮ってもよかったんじゃないかという気がしないでもないような、するような。

まず講義があって、それに続く撮影会の前半は木津川大橋の一番上から。ここは絶景で、中山製鋼やその周辺、大阪湾やあべのハルカスまでも見渡せるすっばらしい眺望なのだが、ああなんということでしょう。
私の持って行った、ちゃちな三脚は橋の柵の高さを超えることができず(高さが調節できないやつだった。よく考えたら)どうしようもなかったのであった。
柵の上に置いて撮ることはできたが、それではアングルも限られる。手持ちは絶対無理。三脚使っても風当たりが強いし、トラックも頻繁に通って振動するという難所なのだ。仕方ないので前半は死んでました(泣)

橋から降りて地上で撮る後半も、ISO感度うっかりしてオートにしてしまってたり、がんばったつもりがやっぱりぶれてたり・・・これは途中からセルフタイマーで撮影したらよくなったけど、そういうわけでほとんどまともに撮れてません。だけど、うん、いろいろ勉強にはなった。

下のやつ(の上のほう)はそのままだと明るすぎるので少し暗くした。

0624

0624-2

 

白鷺公園

昨日行った白鷺公園だが、堺市がここをハナショウブの名所にするべく整備し始めたころに行ったことがある。そのときは「まあまだこれからだな・・・」という感じだったが、それからン10年(こんなのばっかり)。ひさしぶりに行ったらなかなかすてきな公園になっていた。

0615-1
ハナショウブだけでなく、ハスもたくさんあって、もう咲き始めていた。といっても、私の行ったのは夕方で(いつものパターン)もうみんな花を閉じていたが、中に1つだけ開いていたのがあった。どの世界にもへそまがりはいるもんだ。たぶん、この子も「うちの子、変わってますねん」「私がゆうても聞きませんねん」とさんざん言われてきたのだろうと想像。

0615-2

池には睡蓮もたくさん植わっていたが、これも全部すぼんでいた。やっぱり早起きしないといけないのか・・・。

あひるもいて、近くにいた人が「ガー子〜」と呼んでいた。なぜ人はあひるを見るとガー子と名付けるのであろうか。

0615-3

※ハナショウブの向こうに見えるのがハス。ここには写ってないけど、これより左手のほうでもハスとハナショウブが同じくらいたくさん見られる。0615-4
※斜面にシートを敷いてぐーぐー寝てる人もいた。のどかな公園であった。

iPhoneで書く

今週はいろいろあって、木曜日のデジクリの原稿落とすかと思った。火曜日に編集長に「だめかも知れません…」とメールを送ったが、その後なんとか書けて、休載せずにすんだ。けっこうこんなふうに綱渡りだったりする。

小説を書くのもほかのことをするのもたいていパソコンだから、便利なようで全然気分転換できない。
それで、今回はパソコンを離れ、iPhoneで小説を書き始めた。私の書くものは短い(400字詰め原稿用紙にして10枚前後)ので、iPhoneの「メモ」で十分なのだ。これなら台所でもトイレでも電車の中でも、どこでも書ける。といっても別に忙しい人のふりをしたいわけじゃない。適度に環境を変えたほうがいいと思うだけだ。家の中で煮詰まってて「こりゃだめだ」と思ってても、気分転換に外に出た途端に解決につながるアイデアが出ることってあるよね。
でも、いくら短くても最終的に字詰めとか調整しないといけないし、やっぱり「メモ」では…と思って調べたらiPhoneで使える文章作成アプリもいろいろ出てるんだ。あたりまえか。
試しに「iテキスト」というのを入れてみた。おお、これなら行番号も表示されるし、文字数カウントあり、フォントも文字の大きさも選べるみたい。よし、次はこれで書いてみようかな。
http://app-liv.jp/558205794/

写真は白沙村荘で。

0313

 

体幹

腰のほうは少しずつよくなっています。
今日は整骨院で「体幹を鍛えたほうがいいかもしれないですね。ちょっと測ってみましょうか」と言われて、何を測るのかと思ったら、目をつぶって片足でどのくらい立ってられるかを測るのだった。私は32秒で、これは40〜50歳の数値の範囲内らしい。「筋肉はちゃんとあるんですね」とのことで、体幹を鍛えるためのトレーニングは不要ということになった。
みなさんはどれくらいですか?

写真は今日の窓。

1212