カテゴリー別アーカイブ: 未分類

工場夜景

ここに書くのが遅れたけど、土曜日は工場夜景の撮影会に参加したのである。
工場夜景とか廃墟って、最近急速に普通になってるように思うが、ヤマシタ撮ったことない。だいたい大規模な工場群って車でもないと無理な場所だったりするし、夜だし、私、いちおう女だし(ここ、強調)。なので、撮影会は貴重なチャンス。撮影会によっては抽選になる人気ぶりだが、今回は友人のKさんが誘ってくれての参加。

ところで、今回の工場夜景は大正区の中山製鋼だったのだが、これは「工場夜景」と聞いてイメージするキラキラ系ではなく、ひたすらシブイ、暗い工場なのであった。一部はほとんど廃墟っぽい感じすら漂う。工場夜景というより夜の工場(どう違うんだ?)。とにかくひたすら長秒露光。ノイズを減らすためにISO感度も低く。ものすごい時間かかるけど、こうして撮ると夜なのに昼間みたいに明るく撮れる。いや、昼間とはちょっと違う不思議な感じだ。なんだろうな、これ。

でも、こういうとこは昼間に撮ってもよかったんじゃないかという気がしないでもないような、するような。

まず講義があって、それに続く撮影会の前半は木津川大橋の一番上から。ここは絶景で、中山製鋼やその周辺、大阪湾やあべのハルカスまでも見渡せるすっばらしい眺望なのだが、ああなんということでしょう。
私の持って行った、ちゃちな三脚は橋の柵の高さを超えることができず(高さが調節できないやつだった。よく考えたら)どうしようもなかったのであった。
柵の上に置いて撮ることはできたが、それではアングルも限られる。手持ちは絶対無理。三脚使っても風当たりが強いし、トラックも頻繁に通って振動するという難所なのだ。仕方ないので前半は死んでました(泣)

橋から降りて地上で撮る後半も、ISO感度うっかりしてオートにしてしまってたり、がんばったつもりがやっぱりぶれてたり・・・これは途中からセルフタイマーで撮影したらよくなったけど、そういうわけでほとんどまともに撮れてません。だけど、うん、いろいろ勉強にはなった。

下のやつ(の上のほう)はそのままだと明るすぎるので少し暗くした。

0624

0624-2

 

白鷺公園

昨日行った白鷺公園だが、堺市がここをハナショウブの名所にするべく整備し始めたころに行ったことがある。そのときは「まあまだこれからだな・・・」という感じだったが、それからン10年(こんなのばっかり)。ひさしぶりに行ったらなかなかすてきな公園になっていた。

0615-1
ハナショウブだけでなく、ハスもたくさんあって、もう咲き始めていた。といっても、私の行ったのは夕方で(いつものパターン)もうみんな花を閉じていたが、中に1つだけ開いていたのがあった。どの世界にもへそまがりはいるもんだ。たぶん、この子も「うちの子、変わってますねん」「私がゆうても聞きませんねん」とさんざん言われてきたのだろうと想像。

0615-2

池には睡蓮もたくさん植わっていたが、これも全部すぼんでいた。やっぱり早起きしないといけないのか・・・。

あひるもいて、近くにいた人が「ガー子〜」と呼んでいた。なぜ人はあひるを見るとガー子と名付けるのであろうか。

0615-3

※ハナショウブの向こうに見えるのがハス。ここには写ってないけど、これより左手のほうでもハスとハナショウブが同じくらいたくさん見られる。0615-4
※斜面にシートを敷いてぐーぐー寝てる人もいた。のどかな公園であった。

iPhoneで書く

今週はいろいろあって、木曜日のデジクリの原稿落とすかと思った。火曜日に編集長に「だめかも知れません…」とメールを送ったが、その後なんとか書けて、休載せずにすんだ。けっこうこんなふうに綱渡りだったりする。

小説を書くのもほかのことをするのもたいていパソコンだから、便利なようで全然気分転換できない。
それで、今回はパソコンを離れ、iPhoneで小説を書き始めた。私の書くものは短い(400字詰め原稿用紙にして10枚前後)ので、iPhoneの「メモ」で十分なのだ。これなら台所でもトイレでも電車の中でも、どこでも書ける。といっても別に忙しい人のふりをしたいわけじゃない。適度に環境を変えたほうがいいと思うだけだ。家の中で煮詰まってて「こりゃだめだ」と思ってても、気分転換に外に出た途端に解決につながるアイデアが出ることってあるよね。
でも、いくら短くても最終的に字詰めとか調整しないといけないし、やっぱり「メモ」では…と思って調べたらiPhoneで使える文章作成アプリもいろいろ出てるんだ。あたりまえか。
試しに「iテキスト」というのを入れてみた。おお、これなら行番号も表示されるし、文字数カウントあり、フォントも文字の大きさも選べるみたい。よし、次はこれで書いてみようかな。
http://app-liv.jp/558205794/

写真は白沙村荘で。

0313

 

体幹

腰のほうは少しずつよくなっています。
今日は整骨院で「体幹を鍛えたほうがいいかもしれないですね。ちょっと測ってみましょうか」と言われて、何を測るのかと思ったら、目をつぶって片足でどのくらい立ってられるかを測るのだった。私は32秒で、これは40〜50歳の数値の範囲内らしい。「筋肉はちゃんとあるんですね」とのことで、体幹を鍛えるためのトレーニングは不要ということになった。
みなさんはどれくらいですか?

写真は今日の窓。

1212

極楽橋

0122-gokurakubasi極楽橋駅の通路からの眺め。
この駅からケーブルに乗ったら高野山。
遠くに見えてる赤い橋が極楽橋らしい。

橋本から向こう、九度山、下古沢、上古沢、紀伊細川、紀伊神谷、とお山に向かってごとごとと揺れながら登っていくあたりはなんだかわくわくする。橋本から乗り換えた車両も真っ赤でかわいい。駅も小さくて、窓から見える自動改札機がたったひとつだけの駅とか、旅情ありすぎ。
また乗りたいな。