月別アーカイブ: 2013年4月

地震と風邪

朝の5時半ごろに地震で目がさめた。かなりしつこく揺れて家中のいろんなものが揺れるキコキコ、カシャカシャという音がえんえんと続く。「ええっ?!」と思わず口に出たが、次第におさまった。ツイッタに「あーびっくりした」と1行だけ、ふとんの中から書き込んだがツイッタも混み合ってるようでほかの人のが読めない。めんどくさくなって、またぐうぐう寝た。この1週間、疲れてたし。というより、風邪でへろへろだった。この程度の地震で起きてられるかいっ。

今回の風邪はのどに来た。火曜日に「ちょっとへんだな」と思ってたら水曜日の朝目覚めたらのどがひりひりしておまけに熱っぽかった。その日は帰ったら晩ご飯も食べずに早々に就寝。夜中も咳が出るのでそのたび目が覚める。
といっても、まあ風邪なのでどんどんよくなっていったが、昨日・金曜日は声の壊れ方がはんぱない。口を開いたらどんなトーンで声が出るか予測不能、発したはずの音が出ていないとか。「はい」と言ったつもりが「ひー」だったり、「お疲れさま」と言ったつもりが「ま」しか出てなかったり。電話でしゃべってるうちに声が裏声になりまたひっくりかえったりと、自分の声ながらどんだけ器用なんだと、あきれたり笑えたり。体のどっかに力を入れたらコントロールできそうな気もするけど、どこにどう力を入れたらいいのかわからん。

と思ってるうちに、この前のこの日記に書いた腰痛はどっかにいってしまってることに気づいた。やったね。今はのども急速に治りつつあるので、来週は100%平常運行できるだろう。

花盛りのカエデ

0407_kaede数日前から腰がやばい。
しばらく座ってると立ち上がるときに「おおっとととと」な感じでかっこ悪いことこの上ない。いっそ立ってるほうが楽なんだけどずっと立ちっぱなしというわけにもいかんし。
それで、昨日も午後に某会議があったのだが、「少々風邪気味につき欠席させていただきます」と連絡した。腰が痛いからなんてぶさいくだもん(でも、ここでばらしてるけど)。

今日は午前中出かけて、帰り道にふと見たらカエデの花がいっぱい咲いてたので写真を撮った。でも、昨日からの強風。おもしろいほどに枝が揺れてなかなか撮れない。しかも肩にバッグかけて、左手にはレタス(78円だったので、つい)とお豆腐の入ったスーパーの袋、クリーニング屋で引き取ってきたコートの袋を持ってだから、こんなのでもよく撮ったと言ってほしいもんだ。

とかなんとか、写真撮ってるときは腰のこと忘れてた。

さくら

やっぱりさくらの花ってかわいいなと思う。こうやってみると、少女たちが口々に「ねえ、ねえ」「あたしの話をきいて!」とおしゃべりしてるような感じだもん。

はいはい。存分におしゃべりしてくださいw

0404sakura

泉布観

古い洋風建築で重要文化財になっている「泉布観」の修復が終わって3年ぶりに一般公開されるというのが29日から今日までだった。
新聞で案内を読んだときは行く気満々だったが、どうもすごい人らしくて「2時間待ち」とか報じられているのを見たら途端に行く気がなくなった。

泉布観はその昔、アルバイトしていたところの関係で何回か行ったことがある。当時も毎年春頃に一般公開していたと思う(たぶん)。一般向けに流していた「泉布はお金のことで・・・」とか「ウォートルスの設計で・・・」とかいったアナウンスは数少ない女性職員だったMさんが吹き込んだ。できあがったのを聞いて「こんなにゆっくり言うんだ」と驚いた記憶があるけど、そういうものなんだろう。

泉布観の内部はごくごく簡素なもので、少なくとも当時の私が見てもあまり感動するようなものではなかった。でも、なんとなくなつかしくて、今回行ってみたいと思ったのだが、「行列」となるとなつかしさもそがれるように思う。
また近くに行くこともあるだろうし、外から見れば十分か。

そういうわけで今日は予定変更して雑用をいろいろ片付けた。美容院にも行った。美容院ではステファン・ランビエールの熱烈なファンである美容師・Aさんとまたフィギュア談義。というか、いろいろ教えてもらう。あ、Aさんに「Art on Ice」のDVDもらったお礼を言うの忘れた。

最近の卒業式でよく歌われるという「旅立ちの日に」の歌詞が新聞に載っていた。題名程度は知っていたが歌詞もメロディも知らなかった。で、それを読んだら「ええっ」と思った。「花は咲く」となんか似てるんだよね・・・(もちろん「旅立ちの日に」のほうが古い)。