月別アーカイブ: 2018年10月

環状線福島駅前

今日は姪っ子の結婚式だった。姪っ子は色白で小顔なのでドレスがよく似合ってた。(色黒で顔の大きい人でもドレスが似合わないことはないと思いますが)(小心者なのですぐ気をつかう)。

ホテル内のチャペルでの挙式だが、いつもああいうとき、この牧師さんは本物だろうかアルバイトのにせものだろうかと疑ってしまうのは私が性格悪いせいだろう。いかにもガイジンぽい日本語だとよけいあやしいと思ってしまう。

今日の牧師さんは「すこやかなときも」のところですごくなまって、ほとんど「スキヤキノトキモ」と聞こえた。すきやきのときも焼肉のときも夫婦は仲良くしなければならないのはもちろんだ。

ホテルは環状線の福島駅前。ここの高架の柱には七福神のイラストが描かれている。ネットで調べたら5年前に、大阪芸大の協力のもと、制作されたものということだ。

HARBOR TALE(ハーバーテイル)

8月に買ったDVD「ハーバーテイル」をやっと見た。
その頃たまたまクレイアニメの「ニャッキ!」を知った。Eテレでずいぶん昔からやってる有名なアニメらしいけど、知らなかった。子供さんのいる家庭の人は知ってるのかな。いや、私は大人だけどあんなアニメ大好きなんだ。

そのとき、その作者が伊藤有壱さんという人で、その人は「ニャッキ!」だけじゃなく「ハーバーテイル」というもう少し長いアニメも作っていることを教えてくれた人がいた。で、さっそくネットで探したら楽天で新品のDVDを売ってたので買った。届いたので、さあゆっくり見よう〜と思ってたらその頃からちょっと仕事が忙しくなって、見れなかった。
え、本編18分、特典映像12分なので「30分くらいいつでも見れるでしょ?!」「おまえはそんなに忙しいのか?!」って?
そういう単純計算的な問題ではなく、ゆっくり見たかったんです!
だいたい、本体は30分としても、「さあこれから見るぞ〜」というわくわくした時間と、見終わったあとで「ふーん」と余韻に浸る時間、「ちょっとまてよ、あそこは・・・」と戻って見直す時間とか、ついでに何か調べたりする時間とか、「30分」以外にいろいろ必要じゃないですか、ねえ。

そういうわけで、今日は万全の体制で臨みました。たいへんよかったです。港の海の、きらきら輝くさまが目に焼きついています。
「ニャッキ!」もほしくなったな。

夢であせる

仕事がやっと一段落したと思ったら、締め切りを勘違いして今日にでも入稿しなければいけないのがひとつ、あった。あせっているうちに目が覚めて、え、夢だったよね?!そうだよね?と不安になり、「ねえ、いまこんなことあったけど、これは夢だよね?!」と仕事仲間にメールした。と思ってるうちにまた眠くなって。
次に起きたら、すべて夢だったことがわかった。うっかり忘れていた仕事はないし、メールもしてなかった。

休載続きだったデジクリ、ひさしぶりに原稿を仕上げて送ることができた。結果的に今日は良い日。