落羽松

さて、昨日行った菰池で、メタセコイアのように見える木は落羽松(ラクウショウ)である。
落羽松は沼杉(ヌマスギ)という別名を持ち、湿地を好むと言われる。光明池のそばにもあるが、りっぱな並木道だなと思うだけで、湿地がどうとかはあまり実感しなかった。
ところが、菰池ではこんなふうに池の中にざぶざぶ浸かる状態で生えている。おお、こういうことだったのか。まさに「沼杉」! マングローブみたい!
落羽松特有の「気根」も根元にもりもり発生している。呼吸のためのもので「膝根(しっこん)」と呼ばれるそうだ。
枝振りもワイルドで、ホラーじみている。なかなかかっこいい木だ。

0104

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です