Yosemite疲れ

0607

モニタを新しくしたついでにやっとOSをアップグレードすることにした。Mountain LionからYosemiteへ。今頃かいっと思うだろうが、自慢じゃないけどOSのアップグレードってしたことなかった。むかしはOSって無料じゃなかったし、根っからの小心者(&めんどくさがり)なもんで。そのヤマシタさんがついに! これ、すごいことなんですよ、奥さん。

で、まず新しく買ったHDDでTimeMashine設定。とりあえずこれでバックアップはOK。
いろいろ調べたら「USBで起動ディスクをつくっておくといい」と書いてあるサイトを見つけて、へー、そうか、そうしようと思ってUSBも買ってきたが、なんかよくわからないけどこれができなかった(すいません、わかってないのでこのへん問い詰めないでください。ちなみに「そういえばいまのMacってそういうディスクついてなかったな」とはじめて気づいたという)。
で・・・とにかくやってみよう!とゆうべ実行。
けっこう時間かかった。しかも。
無事にYosemiteの画面になったけど、何をするにもすごく重い。パスワード入れても2、3分反応しないし、Safariも寝てるんかいと思うくらいだし、プレビューは画像一枚出すのがへとへとだし。わー、どうしよう、やっぱり心配した通りじゃないか! アップグレードなんかしなきゃよかった、もうこんなの使いものにならないよ〜〜〜〜!!と、半泣き状態で、とりあえず寝た。
今日は気をとりなおして「アクセス権の修復」というやつを、これもはじめて決行。やはり寝ぼけてるようなMacをたたき起こしてやってみたら、アクセス権の「検証」と「修復」で3時間以上かかったけど、どうやら治ったみたい・・・・・疲れた〜。

というわけで、ドキドキのヘロヘロだったけど、何やらひとまわり成長した気分のヤマシタである。ちなみにちょっと前にiOSもちゃんとアップグレードした。どんなもんだいっ。

デスクトップピクチャはYosemiteの証拠として写真を撮ったあと、もとの「銀河」ってやつに戻した。私はデスクトップにけっこうアイコンを並べるので、背景が暗めの色で、すっきりしてないと見にくいのよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です