RAW初体験

この間の撮影会は私にとって工場夜景初体験かつ「初めて三脚を持って外に出た」経験だったが、もうひとつ「初めて」があって、それは「RAW」で撮ったこと。
一眼歴も浅い私がRAWなんて大それたもの、と思ってたが、Adobeのセミナーに行ったとき「そうか。やっぱりRAWなんだ・・・」と思ってたところにこの間の撮影会では「みなさん、ぜひRAWで撮ってください」ということだったので、その場でRAWとjpeg両方残す設定に。

で、帰っていつものように「プレビュー」で一覧を見ようと思ったら、めっちゃ遅い。なんでと思ったら、RAWってjpegの数倍になるのね、サイズが(←何も知らない人)。途中でMacBookProのファンがシャーーーーーーッ!と回り出してびっくり。思わず「ご、ごめん、おばちゃんが悪かった、もうせえへんから!」と謝ったけど、でもそういうわけにもいかんやん。まあ「プレビュー」は使わないでおこうか。それでなくともYosemiteにしてから、なんか重くなったような気がするし。

で、「むちゃ重いもんだ」ということ以外まだRAWの良さがわかってないんだけど、そのうちわかるんだRAWか・・・。

写真はこの前神戸で撮ったやつ。

0626

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です