展覧会続きで

昨日は富士フォトサロン(本町)で関西女性フォトグループ展に。地元の会の先輩、Mさんが出品されているので。
そのあと、GoogleMapを頼りに本町通りを西進、四ツ橋筋を北上して肥後橋近くまで歩き、岡上淑子の作品を展示していた画廊へ。ただし、小さな画廊で展示数も思ったより少なかった。まあよしとする。

今日はまた友人が写真を出品している展覧会を観るため久保惣美術館へ。

友人の作品は美術館の中の市民ギャラリーに展示されているのだが、いちおう美術館に入るためにはチケットを購入する必要がある。たまたま今は「笑いのかたち」という特別展が開催されていたのだが、そんなことは全然知らず、期待せずに観始めたらこれがめっちゃおもしろかった。
寒山拾得図や能面は想定の範囲内だが、恵比寿さんが笑いながら大黒さんのあごひげをつかんでる絵(恵比須大黒図・・・そのままやん)とか地蔵菩薩と閻魔さまが仲良くお酒を飲んでる図(地蔵閻魔和合之図)とか、「はあ?」とか「なんで?」な絵がいっぱい。しかも描き手といえば応挙や牧谿、長谷川等伯、蘆雪、若冲、簫白、渡辺崋山等々有名どころがずらり。観ていて飽きない。極めつけはなんともけったいな洛中洛外図。ほんとに力が抜けて吹き出しそうだった・・・。
近郊の方、もし興味があればぜひ!

 

写真は昨日ちょっと寄ってみた靱公園で。「しおれかけた薔薇」

1121

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です