「恋はやさし」続き

前回、「恋はやさし野辺の花よ」についてほんの少しだけ書いたときには、実は歌詞についてよくわかってなかった。というか勘違いしてたみたい(汗)
よく歌われている歌詞は下のようなものだ(1番だけ)。

恋はやさし 野辺の花よ
夏の日のもとに 朽ちぬ花よ
熱い思いを 胸にこめて
疑いの霜を 冬にもおかせぬ
わが心の ただひとりよ

ここの「夏の日のもとに 朽ちぬ花よ」というのを「夏の日のもとに朽ちてしまった花よ」と思った。そうか、日差しがきつくて、枯れてしまったんだな、かわいそうに・・・私も暑いのは苦手だし、わかる・・・と思ってた。前回リンクを張ったトワエモアの白鳥さん(いまだについ、そう思う)の歌い方も、なんだかとても無念そうだし。
でも、その後の歌詞がわかりそうでわからないので調べてたら、別の歌詞が出てきた。同じ小林愛雄さんという人の詞だそうだけど。

恋はやさし 野辺の花よ
夏の日差しにも あせぬ花よ
胸に一筋 燃ゆる思い
冷たき真冬の 霜さえ忘れて
ただ君をば 愛するのみ

ここには「夏の日差しにも あせぬ花よ」とある。意味が反対だ! 強い夏の日差しも全然ものともしない、強い花(つまり、愛)なのだ。「ぬ」は完了の助動詞ではなく否定だったのだ。なんとなく文語調なので思い込んでただけか・・・。
で、YouTubeでいろいろ聴いてみたら、白鳥さんみたいな歌い方をしてる人はあまりなくて、もっとはつらつと、明るく歌ってるほうが多い。そうだよね。これは「ボッカチオ」の中の一場面で、ヒロインが恋の予感を歌い上げるものだそうで(全然無知ですいません)、それならやたらしみじみ悲しげに歌う白鳥さんの歌いっぷりはちょっと違うのかもと、今頃思えてきたのだった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です