ハス池

うちから徒歩圏にハスの咲く池があるので、そうだなあ、一度花の咲いてるときに撮っておこうかと思って行った。枯れハスは何回も撮っているけど、咲いてるところはあまり撮ってない。だってハスは午後に行くともう閉まってる、じゃなくてしぼんでるし、それにハスは私の嫌いな真夏の暑い、暑いときに咲くからだ。それにひきかえ枯れハスは寝坊してもしぼまない(いや、すでにしぼんでる)し、冬の寒いときでもやってる。ただし、栽培してるところだと、時期が来れば片付けられてしまうので、そうならないうちに撮りにいかないといけないけど。

今日は朝の早くからセミがうるさくて目が覚めて、ええいもう、て気分で出かけた。
夏休み前の先生たちは「朝の涼しいうちに宿題をしましょうね〜」とか言うけど、大阪では朝から暑い。うちから徒歩20分、池に着いたとき(午前10時ごろ)は汗だらだらであった。

池のそばに人影が見えたので、へー、写真を撮りにきたのかなと思ったらそうではなく、ベンチに腰掛けて世間話をしているシニアの男性ふたり、あと注意書きを無視して柵の中に入って魚釣りをしている男性ひとり。

ハスはいっぱい咲いてるが、わざと岸を避けて遠くに咲いている。いやなハスだ。それでもレンズをいっぱいに伸ばして撮ったけど、単にアップにしたというだけであんまりおもしろくない(←下手なだけです)。あきらめて「私はハスではなく、ハスが咲いている池の写真を撮りにきたのだ」と自分に言い聞かせることにした。

撮ってるうちに男性ふたり組はいなくなっていた。釣りをしてる男性が「これってハスですよね?」と私に話しかける。「ええ、ハスですよ」と答える。
しかし暑い。やっぱり枯れハスでいいわ。

0805-1

0805-2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です