一応、工場夜景写真を・・・

せっかく行ったのにろくな写真が撮れなかった工場夜景クルーズ。腕が悪い、どんくさいと言われたらそれまででまったく反論できないんだけど、時間がもうちょっとほしかったなあ。

陸で撮影できるスポットが2個所設定されていたが、それぞれ15分とか20分という短時間。私なんかこの間買ったばかりの三脚を伸ばして立てるだけで5分かかり、できたときにはみんないい位置を確保してて、どこへ行けば・・・な状態。
しかも最初のスポットはフェンス越しだし。二つ目は、橋があって、その向こうに工場夜景を望めるところなんだが、橋を入れる角度があまり選べない。むずかしい。(橋を無視して思い切りアップにしてもみたが、帰って見たらぶれまくり)途中で雨がばらばらっと降ってきて「まだ早いですがバスに戻ります」(えーっ)なんてことになったし。

クルーズ途中で船を止め「はい、ここで撮影しましょう」というポイントがあり、このときは真ん前に工場が見える、確かにいいところ。しかし、なんとなく甲板に出たら幅30センチくらいしかない狭い通路で、人が前後にいてそこから進むことも戻ることもできなくなってしまった。自分の前には簡単なつくりの、胸より低い手すりだけ。その下は黒い海がたぷたぷしている。幅30センチだぜ! わたしゃ怖くてカメラどころじゃないっつーの。右肩に下げたバッグがけっこうなかさがあるので、それが船室にあたると、おっとっとと海のほうへ傾きそう。救命具つけていたとはいえ、落ちたら絶対パニクっておぼれて、大阪湾の海の藻屑と消えるのじゃ〜〜。

しかし、両隣の人、ふつうに撮ってたなあ。私だけか。
とりあえずそんな感じで海からの撮影はできませんでした(一応シャッター押したけどガクガクのブルブル)。へたれのヤマシタです、すいません。何とでも言ってくれ。

で、まあ1枚だけ写真を。
左の塔の上のほうがややぼやけてるのがわかると思いますが、フェンス越しに撮ったので網が少しぼんやりとかかってしまった。photoshopでごまかしたけど、ごまかしきれなかった・・・ところです。

湾岸高速から写すことができたら一番いいんだけどなー。

0904-2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です