言ってしまった

この間からたまたま帰りが遅い日が何回かあり、そういう日に限って新聞の集金の人が来ていたようなのだ。
集金の人(私より少し年長かと思われる女性)はだいたい25日を過ぎたころ、夜にやってくることが多いけど、何日と決まってるわけではない。帰ってくるとドアポケットにゴミ袋(領収書と一緒にくれる)がはさみこんであって、ああ、あの人、留守中に来たんだとわかる。それが3回も続いてさすがに申し訳ない気持ちになったとき、やっと、私がいるときにその人が来た。思わず
「すいません、何回も来ていただいたみたいで、いえいえ、たまたま、ほんとにもー、えー、まんの悪いことで」
言いながら「うわ、私、『まんが悪い』なんて言ってる!」と思った。母がよく使ってたし、祖母はしょっちゅう使ってたと思うけど「変な言葉。私は一生使わない!」と思ってた。なのに、そういう瞬間って油断してるときに訪れるのだ。うへー、言ってしまった・・・。

でも、「まんが悪い」を使わないとすると、なんていえばよかったのかな。「タイミングが悪かったんですね」か。そうだよね。意味的にはそれでいいんだけど。
まあいいか。二回目はないと思いたい。

写真はそれとは直接関係ありません。あるようにみえるかもしれないけど。

1210


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です