私の前の人

図書館で借りた本を読んだ。順番がまわってくるまでけっこう待たされた人気の小説。
ふと見ると、二つにたたんだ「貸出票」がはさまってた。たたまれた状態だったので図書館の人も気がつかなかったのだろう。
返却期限からして、やはり私の直前にその本を借りた人らしいが、貸出票にはもう一冊の、私の知らない本のタイトルが記入されていた。同時に2冊借りたらしい。私と同じ本を予約した人が借りた、もう一冊の本・・・と思うと興味がわいて、ネットで調べてみた。
孤高のクライマーの生涯を描いたノンフィクション、であるらしかった。
私にはどうも縁がなさそうな本だった。

写真はそれとは関係なく。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です