街の風景

「あさになったのでまどをあけますよ」には新幹線の窓から眺めた風景みたいなのがいくつか登場する。田園風景の中に突然現れる看板。遠くに見える神社の鳥居。曲がり道を行くバス。一生懸命に自転車をこいでいる人がいて、どこに行くのかな・・・と一瞬思ってはすぐに忘れたり。新幹線って、外をぼーっと眺めてると飽きないよね。一応、本を持って行ったりするけど、結局ぼーっと外を見ているか寝ているかだ。だって本はいつでも読めるしね。

「あさになったのでまどをあけますよ」には街を俯瞰した絵も何回か登場する。私も、高いところが苦手なのに高いところから街を見下ろすのが大好き。

それで思い出して、朝から写真のフォルダを開き、ちょこっと加工。
これは何年か前に撮ったもの。当日はどんより曇った日で全体に沈んだ色調だったけど、派手めにしてみた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です