歯医者通いは続く

というわけで、欠けた歯の治療(補修工事というべきか)に通っていたのだが、だいたい終わった。

もう7〜8年前になるが、やはり突然欠けた歯の補修工事をした時、いちばん嫌だったのは歯にかぶせるもの(クラウンというらしい)を作るための「型取り」だった。と言っても、当時の私は歯医者経験が少なく、よくわからないまま、ただ医者の指示に従っていた。すると突然、何かポヨポヨする大きなものを口の中に突っ込まれ、「そのまましばらく待っていてください」と言われた、あれが型取りだということも知らなかった。その「しばらく」がどんだけしんどかったか。もう、逃げて帰りたかったくらいだったが、なんとか我慢して、耐えて、辛抱した。どれも意味一緒だけど。

あんまり辛かったので、その次にまた歯が悪くなった時「このあいだのあれはもういやです」と言ったら、医者は変な顔をしたけど、とりあえず、やらなくてよかった。その歯はクラウンを作らず、白いものを上からつめただけで終わった。ほっとした。

それで、今回も早々と「私、痛いのは我慢しますけど、型取りがすごく苦手なんです!」と宣言しておいた。
それでも型取りをパス、というわけにはいかなかったのだけど、一応わかってくれたみたいだし、以前よりはだいぶ楽だったのは多分、この7〜8年間に技術の進歩もあったのかと思う。
型取りするときに歯にあてがうものが随分小さかったし、時間も短かった。事前に「2分くらいで済みます」と聞かされていて「ほんまかいな。安心させようと思って嘘言ってるだろ〜」と疑ってたけど、ほんとにそのくらいだった。スタッフの女性がその間、ずっと手で持ってくれていたので、なんとなく安心感もあったし(結局怖がりなんです)。

そういえば以前の歯科医院では「歯石も取っておきましょうか。一応、今日は半分だけにしますね」と、まるでお試しサービスみたいにやってくれたのだけど、手作業でコリコリ、と(どんなふうにやってるのか見えないけど)地味な作業を延々と続けていたような。でも、今の医院ではシャ〜〜〜〜〜〜ッ!、シャ〜〜〜〜〜〜ッ!、となんかよくわからん道具を使って一気にやってくれた。時間的には割と長かったので途中しんどい時もあったけど、いっぺんですっかりきれいになったのは感心した。

で、欠けた歯の補修が終わり、ついでにすごい昔(なんと、中学生の時!)に治療した歯の被せ物がすり減って穴が開いてたのも修繕してもらった。やれやれ、これで終わりかと思ったら「ここの歯と、ここの歯は歯槽膿漏が始まってます。これを今のうちに止めておかないと・・・」と言われて大ショック。
とりあえずまた行って歯石を取ってもらうことになりました・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です