映画観てきた

で、その映画というのは「れいわ一揆」。昨年の参議院選挙でのれいわ新選組、中でも安冨歩氏を中心に追ったドキュメンタリーで、4時間超という長編(途中で15分の休憩が入りました)。集中力がなく、すぐに眠くなる体質の私なんで心配だったが、だいじょうぶ、眠くなることもなく飽きることもなく、ちゃんと観ました。

やはり選挙ってすごい、いや、映画ってすごいと思った。テレビでも選挙戦の模様は少しは放映されるが、そんなもんと全然違う迫力。ひと癖もふた癖もある、でも政治の世界では素人と言っていい人たちがどんどんテンション上がっていってカオスの中に突入する。絶叫する。聴衆と熱狂を共有する。そんなありさまをカメラが冷徹に捉える。
映画の中心となっている安冨氏は途中感極まって涙ぐむシーンもあるが、総じてクールに見えた。とはいっても熱狂の仕方が違うだけかもしれない。たぶん、ある程度の狂気がないと選挙なんてできないだろうから。

写真は映画館の近くで。午前中はよく晴れていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です