足ぐねた

日曜日、公園を歩いていて、足ぐねた。
公園内の舗装した遊歩道の、端っこを歩いてたんだね、多分。わずか数センチの段差でグネッとなった。(「ぐねる」という言葉、よくできてるなあ)
まあよくあることだと、そのまま歩き出そうとしたら、なんと激痛でまともに歩けないじゃないですか。なんだこりゃ! 歩けない?! どうすりゃいいんだ!

思い切り足を引きずり、それでも痛い、痛い、と心の中で泣きながら一番近いところにあったベンチへ。そこでしばらくじっとしてたけど、もちろんすぐに治るはずもない。また立ち上がり、歩き出したがやっぱり痛い。すごく痛い。
その時、私は足が言うのを聞いたのだ。
「やめてくれ、歩かれへん! 杖や、杖を買うてくれ! ダイソーでいいから! 頼む!」
そうか。ダイソーなのか。わかった・・・。

帰りに早速ダイソーに行くと、杖売ってました。150円。
それを持ってレジに行くとレジの女性、慣れた様子で「すぐ使います?」というので「はい!」と言うと手早くラベルなど全部はがしてくれた。
どうも、私のような客がよく来るみたいだ(笑)

その日は150円の杖がとても役に立った。杖を発明した人にノーベル賞をあげたいくらいだった。

真夏には毎年、「クーラーを発明した人にノーベル賞をあげるべきちゃうかなあ」と思うんだけどね。

で、家の中でおとなしくしてると徐々に痛みも治り、翌日(月曜日)には室内で移動する分にはあまり不自由しないようになった。なんや、もう治ってきた。やっぱりなー。若いから回復が早いわい。
「早めに医者に行ったほうがいいよ」と周囲の人間が(メールで)言うが、はいはい、と流しといた。

ところが、夕方にゴミ出しに出た。その日は買い物にも行かなかったので、それがその日初めての外出。すると、まともに歩けない。家の中と外では全然違うんだ! なんで?! 
思い切り足を引きずり、階段では1段ごとに足を揃えるやり方で、なんとかゴミ出しは済ませたが、やっぱりこりゃあかんわと。それで翌日(火曜日)に医者に行ったのだった。

そして、このように。
骨折もしてないし、「靭帯を痛めた・・・かなあ」と言われる大したことないレベルなんだけど、とにかくしばらく固定しておいた方がいいそうだ。「捻挫しやすい足になってしまうから」とのこと。

靴下が毛玉だらけだなあ。はき心地が良くて気に入ってるんだけどね。ジーユーの。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です