雪の高野山

昨日は高野山に行ってきた。
友人のKGさんと年内にご飯でも一緒にと言ってたのが年内には実現せず、結局「新春雪見会」となったものだ。

雪の高野山といえば、何年か前にもひとりで行ったことがあるが、その時はあまりの寒さにあちこち移動する余裕もなく、早々に退散した。まあ一応、雪は見た!ということで。

今回は高野山に詳しいKGさんの案内・解説つき。そして私も、タイツ(50デニールくらい)の上にユニクロの超極暖レギンスを重ね、もこもこのソックスを重ね、裏フリースのズボンを履いてスノーブーツ(ホームセンターかどっかで買った安物)を履いて、我ながらゴロゴロのボコボコで、かっこいいとはとてもいえない姿ながら、防寒面は完璧! 確かに風はものすごく冷たく、写真撮ってたら指先が痛くなる寒さだったけど、下半身はびくともしなかったぜ! あ、上半身はフード付きのダウンで問題なしです、はい。顔も半分マスクで覆われてるし。マスクの中、びしょびしょになったけどね。

しかし、肝心の雪があるかないか問題。
和歌山県の天気予報を見ても、確かに気温は低そうだが、降水確率は高くない。うーん・・・ま、いいか、ととりあえず出かけたが。

おどろきました。周りの山のてっぺんが普通に緑色してて雪の気配がないときでも、高野山(と呼ばれる一帯)は雪が積もってるんです! まるで別世界のように。深いところでは多分、20センチくらいあったのでは。スノーブーツでなきゃとても歩けません。
盆地なんですね、あのあたり。盆地だからなんで雪が?・・・とまでは知りませんが、とにかくそういうもんらしいです。

いっぱい写真撮ったけど、その中から一部を。

雪はやっぱり、いいなあ。

これは極楽橋駅の天井画。最近できたみたい。確かに、前来た時はなかったような・・・。

極楽橋〜高野山はケーブルカーで。下りのケーブルカーとすれ違う。
真っ赤でおしゃれな車両はスイス製なんだとか。

そして着いた、高野山の街並み。(「高野山」というのは、この地域の名前らしい)。除雪はされているが、道路脇の雪がすごい。

金剛峯寺の正面玄関(というのかどうか?)
この時雪がけっこう降っていて、あっという間に雪まみれに。

しーん・・・。

しーん・・・。

出た! 有名な根本大塔。小学校の林間学校で行った時以来の再会。
これは時たま青空がのぞいた時のもの。
大塔は派手すぎてあまり好きじゃなかったけど、雪の根本大塔は悪くないな。

と、こんなことを書いてたらテレビで大雪のニュースが。
雪はいいなあ、なんて雪の怖さを知らないのんき者の言うことだろうけどね、まったく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です