葉桜

いつも行くショッピングセンターで。
大きなガラス窓の外は早咲きの桜がもう、葉桜に。
「葉桜」という言葉はあっという間に過ぎ去った時間を象徴する言葉であると、だいぶ前にどこかで読んだ。
もう会えなくなった人。取り返しのつかない出来事。それでも流れていく時間の非情さ。

だけど、この写真の葉桜はまだほんの若葉で、むしろ未来を感じさせる。
この色がどんどん濃くなるとともに、寂しさは深まるのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です