蛍光灯取り替えた

恐れていたことがやってきたというか。
ダイニングの蛍光灯の2本のうち1本がつかなくなった。
実は私、蛍光灯の取り替えって、したことなかったんだよね・・・。

仕方ない。

他の部屋の照明はぶらさがってるやつだから高さが知れてるんだけど、ここだけ天井にぴたっとつけるタイプなので、身長150cmの私の場合、椅子に乗っても照明は頭の上。腕を伸ばし、なんとかカバーをはずし(ああ、こんなふうに回したらはずれるんだと知る)、黒くなったやつをはずす。新品ではないが予備があった(照明そのものを取り替えたときのかな?まったく関与してないのでわからん)のでそれをかわりに取り付け・・・と思ったらこれがうまくいかん。最近ちょっと貧血気味なもんで(自己診断だけど)長いこと上向いてるとくらくらして「う、こりゃだめだ」と作業中断、うずくまってはあはあと荒い息をつく私・・・病人かっ。
治まったところでもう1回チャレンジ・・・位置がずれる・・・はあはあはあ。
何回もやってるうちにいやになって、なさけなくなって、おいおい泣き出してしまった。泣き出したら止まらない。
やっと正気に返り「しっかりせんかい、ヤマシタ!」と自分で自分に活を入れ、なんとか成功。

終わってみたら全然どうってことない作業だ。高さが問題だけど、コツはわかったので次からもっとスムースにできそう。なんせ生まれて初めてだったんだから、こんなもんさ。
まあできなさそうだったら誰かに頼むという手もあるしな。

テレビの部屋の照明は2本組のうちわざと1本をはずしてあったようなので、ついでにつけて、本来の明るさにした。まあちゃんは明るいのがいやな人だったのでよくそういうことをした。カーテンも決して全開しなかった。でも私は暗いのは苦手なんだよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です