あー恥ずかし

少し前から、チョコレートを食べると右の奥歯が「ずどーん」としみるようになっていた。キャラメルも。
熱いもの、冷たいものがしみたりはしない。
ブルボンの「もちしょこら」というのを時々買うのだけど、これはしみないな・・・と思ったら少し遅れてやはり「ずど〜〜〜〜ん」。
「歯にしみる」というのはあまり経験なかったんだけど(虫歯経験が少ない)、いやなものだ。「ずどーん」がしばら〜く続くので。
しかし、どこの歯かというと。

一昨年から去年にかけて、右の下の親知らずは抜いたし、その手前の2本は虫歯を治療した後、1本は銀色のかぶせものをしてるし、その隣は白いものでやはりおおっている。その治療したどちらかがしみるみたいなんである。ネットで調べたら、かぶせた後でも、その中で虫歯が進行するらしく、おそろしげな画像もばんばん上がっている。こ、こんなになってるのだろうか。こわ〜。見てるだけで冷や汗がにじむ。

「私、最近、かぶせた歯がしみるんだけど、こういうときってどう治療するのかな」と会社で言うと「そりゃあかぶせたやつをいったんはずして、やりなおすんでしょ」「まさかそのままでチュっと、はないでしょ(笑)」とみんな言う。
ひー。かぶせたやつをはずして、また削って、また「かたどり」とかするんだろうか。うえー。いやだ、いやだ、あれはいやだ・・・・・・想像の翼広げまくって、ビビっていた私。
今日、診てもらったら、なんと、しみるのは上の親知らずが虫歯になっているのだった! 奥歯の場合、そういうことってあるのだそうだ。どこが悪いかわからないという。上の親知らずって、見えないし。

「この親知らずは(レントゲン写真見せながら)こんなふうに小さいし、まっすぐ生えてます。根も浅い。下の親知らずはすでに抜いてるのでかみあわせるものもないし、役に立ってない歯です。抜くのも簡単です。まあ10秒もかからないくらい」と、私が超こわがりでびびりなことを知ってるからか、いつもそうなのか、医者はとてもやさしく説明してくれた。それで、私も男だ。その場で即断。抜いた。
で、抜いた歯を見せてくれたが・・・めちゃ虫歯! 表面積の半分くらい黒々と「腐ってる」し、、医者がピンセットでいじるとぼりぼり崩れるし。しみるどころかずきずき痛んでも不思議じゃない、ひどい虫歯じゃん! 思わず「えーっ、知りませんでした!」
自分の口の中に、こんなきちゃないものがあったとは。軽くショック・・・・。
「いりますか」と聞かれたのでもちろん「いりません!」と言った。
あー、はずかしかった。

 
治療する間、歌で気をまぎらしたらいいかも、と思って、ずっとこの曲を頭の中でなぞっていた。なんとなく浮かんだのがこれだったので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です