違う、こうじゃない

おとといの夕方、電車に乗っていた。ドアのそばに立っていたのだが、すると空がものすごかった。
そもそもそこは高架で、F駅とI駅の間。広〜い範囲が見渡せていつもいい感じなのだけど、そこに奇妙な雲が。たぶん、飛行機雲のかたちがくずれてあいまいになってた?やつ。それが2本。いや、細い糸のようなのもあって3本。夕方とはいえ、まだブルーが美しい(よく晴れていた)。そこにサモンピンクの光がさす。下の方には3本の雲に従うかのごとく、すいっ、すいっと真綿をちぎったような細い雲がいく筋も。
お〜〜〜〜。すばらしいではないか・・・・。
しばらく見とれていて、「はっ! 写真!」と思った。
しかし、その日はグループ展の搬出で、荷物(A1大のフレームに入れた写真2点)があった。そんなにたいそうな荷物じゃないけど、リュックの中からiPhoneを取り出すにはまずそれを倒れないように立てかけるとかしてからでないと。とか思ってるうちに電車はどんどん進む。あ、無理か。もう駅に着きそう。あきらめよう・・・・。

と思ったらこれが意外と長いんだよ。

良く考えたらF駅とI駅との間はS高速鉄道の駅間距離で最も長いのだ。そんなわけで、たぶん間に合ったかもしれないのに私は写真を取り損ねたのだ。めったにないかっこいい空だったのに。

それから2日経ってもまだ「あのときの空というか雲というか、かっこよかったなー」と思い出す。

それで描こうとしたらなんでこんなアジの開きみたいになってしまうのだろうか。解せない。ちがう、こうじゃない!

やっぱりさっさと写真を撮るべきだった。

いろいろまとめて

昨日「鎌倉殿の13人」を見ててびっくりした。最後の畠山重忠と小四郎(北条義時)の決闘シーンがまったく「グラディエーター」の再現だったから。なんとなつかしい。刀を持って馬に乗ったふたりが向かい合い、走ってきてバシーっとぶつかるところ、馬から落ちて二人だけで、衆人環視のなかで闘い、武器を失い、ついには素手で闘い、そして馬乗りになってとどめを刺す、かにみえてそうはならず・・・完璧、グラじゃないかー。
と思ってふと考えればグラからもう20年以上経っているんだ。ラッセル・クロウももう還暦間近だぞ(オーマイガッ)。いや、キアヌ・リーブスも確か同い年だぞ、若く見えるけど(ひえー)。

最近、「はらぺこあおむし」の歌を初めて知った。子持ちor孫持ちのひとはたぶん散々聞かされていて「今頃なにを言ってるんだね」だろうけど、私なんかずっと、「本屋で表紙を見たことがある」というレベルにとどまっていたのだった。いまは知ってる。いい絵本だ。いい歌だ。もうすぐ歌えるようになる予定だ。むずかしいけど。

今日は台風が来るというので、たまたまグループ展の搬入だったが、台風の影響を避けるために「早めにきてください」との連絡があり、早起きして行ってきた。終わってもまだお昼頃だった。帰りにいつものスーパーに寄って帰ったが、張り紙があり「本日は17:00にて閉店いたします」とかなんとか書いてあった。おー。いつものように夕方になって「よいしょ」っと腰を上げ、ノロノロと買い物に出てやっとこさ店先についたらびっくりしてこけてたと思う。あぶないところだったー。

写真はなんとなく赤とんぼ。

ほぼできてるじゃないか

駅の南側で商業施設の建て替えに伴う解体工事がどんどん進んでいるわけだが、一方で反対側(うちの近く)の団地の建て替え工事については、なんと、一部の棟でついに覆いがとれて、外観はほぼ完成したその姿があらわになったのであった。

サッシが取り付けられてたり取り付けられてなかったり、という段階? ここからがけっこう長いんだよね。外から見えない部分の作業が続くから。

入居は来年だと思う。この場所にあった住宅に住んでいた人、そして駅前の高層住宅がいずれ解体されるから、そこの住民が入居するはず。

とにかく、うちの街ではいまあちこちで工事が進んでるわけです。この動きは隣の駅、その隣の駅の地区へと順次波及していく見込み。

滋賀県立美術館

昨日(8月30日)はちょっと早起きして、「塔本シスコ展」をみてきた。会場は滋賀県立美術館。なんでも去年リニューアルしたばかりだとか。最寄りの駅はJRの瀬田。そこからバスに乗る。「文化ゾーン」とかで図書館もある、美しい緑に囲まれた一帯。昨日は雨の後で、ひときわきれいだった。下の写真に見えているのは図書館らしい。左のほうへぐるっとまわって・・・

これが美術館。天気悪い。空が暗い。まあそれもよし。

エントランス付近。

天井、高ーい。まあ最近のはやりだけど(と突き放す)。

館内の窓から見えた景色。まわりはだいたいこんな感じ。茶室も近くにあった。さすが「文化ゾーン」。でも、駅からだいぶ離れたところで、周りはなにもなく、トラックとかがびゅんびゅん走る割と殺風景なところでした。そういうところに忽然と文化ゾーンが現れるのです。

あ、それで展示のほうですが、塔本シスコさんは1913年、熊本生まれ。50歳を過ぎて突然、独学で絵を描き始め、2005年に91歳で亡くなるまでおびただしい作品を残したひと。今回の展覧会では200点以上が展示されていました(以上、概要)。

とにかく色彩でひきつけられる。そして、なんともふしぎな構図。楽しい。感心しながら見てました。写真撮影全然オッケーという珍しい展覧会(撮影OKといってもごく一部であることが多い)だったので、ちょっと撮りました。ちょっとだけ。もっと撮ったらよかったかな。なんせ撮り放題ってめったにないので小心な私は「ほんとに・・・?撮った瞬間にこわいおっちゃんが出てくるんじゃないだろうな・・・」とびびってしまうんですよね。

これは桜島だそうです。南米辺りの火山かと思いますが、そうじゃないのです。山は噴火するとこんな丸いおはじきみたいなものをいっぱい出すんですね。なんて素敵なのでしょう。もっと噴火しろ!と思ってしまいますよね。

これはご家族を描いたものだそうです。かわいいようなけったいなような、ほんと不思議で、色鮮やかで、なんともいえません。

これは一番最後のほうのコーナーで、最晩年の作品群。「花」は重要なテーマだったようですが、とにかく、強い。シスコなんて日本離れした名前をつけられた(養父がサンフランシスコに憧れていてつけたとか)せいか、どこか異国の雰囲気がするような。風景も日本であって日本でないような。私なんか地味な名前をつけられたもんで、地味な人生を送ってきました。名前の力はすごいですね。なにを言ってるんだか。
とりあえず楽しい展覧会でした。私も長生きしたいです。

だまされた

昨日、夕方にテレビをかけたらNHKのニュース(関西のローカル)が終わるところで、「今夜『タローマン』を一挙放映します」とかなんとか言ってる。タローマン?なんじゃそら?と思ったが昨日はいろいろばたばたと、私にしてはまじめに仕事。そして一段落してお風呂に入って出てきてテレビをかけようとして、そういえば夕方のニュースであんなこと言ってたなと思い出し、テレビ欄を見たらその「タローマン」が間も無く始まるという時間。
そんなわけで、前知識ゼロで見て、えー、なにこれおもしろーい! 70年代にこんなのあったん? 知らんかったー! などと喜んだ私。完全にだまされてました。タローマンって、岡本太郎(いま中之島美術館で展覧会をやってるらしい)の作品にインスピレーションを得て作った70年代特撮風の短編なのだった。そういえば、見ていると「あれ? なんかおかしい・・・ような・・・」というところがちら、ちら、と出てきて、だんだんそれが積もり積もって「変だ!」となるのだが、なんせひとつが5分で、それを10本まとめて放映、もちろんNHKだから間にCMもなく、したがってスマホでちょちょいと検索かけるひまもなく、流れるようにだまされるまま10本全部見てしまったのでした。

あとで調べると7月にすでに放映されて、昨日は再放送だったのね。そんなことも知らなかった。やーね。

いや、しかし、サカナクションの山口氏といい、構成もよくできてる。思えば私みたいに「なんか変だけど?」と思いながらめちゃくちゃおもしろがって、終わってから「えー、ちきしょー!」と気づく人って、ある意味理想的な視聴者なんじゃなかろうか。

ぎりぎり始まる直前にいやな予感がして、実はしっかり録画したのだがそれは正解だったようだ。私えらい。間違って削除しないように気をつけよう(たまにやるので)。

あの戦争のこと

戦争のことをブログで書くなんて初めてかもしれない。毎年8月になるとうっとうしいくらい新聞やテレビではあの戦争の特集が組まれるし、なにもわざわざ私が書くこともないだろうと、だれも聞かないのに言い訳を考えたりしていた。2013年以降は夫が亡くなった月でもあるので、正直そっちのほうへの思いのほうが強かった。これはまあごまかしではない。新聞では相変わらず8月6日も8月9日も8月15日も、亡くなった人それぞれにかけがえのない生活があり、それが失われたことを語るに徹しているが、なんでそういうことになったのかについては以前からそうだけど、年々ごまかされているような気がする。それなら私が亡き夫のことを優先してもバチはあたらないだろう。と思ったりする。

昨日(16日)、テレビでNHKスペシャル「絶望の戦場」を見ていたら、あまりのひどさに泣けて仕方なかった。ずさんな計画を強硬にすすめ、いざとなると兵隊を置いてさっさと逃げる将校たち。その前編ではいわゆる大本営発表のことが取り上げられていた。どちらもひどい。そして2022年の現実を思うと、ひょっとしてこれはまったく同じ状況なのかもと思わされる。

今日、Twitterを眺めていたら、ある人が連投していた。それを読んでたらまた泣けてしまった。

──「戦争で命をかけて戦った」から「そして今の日本がある」と言う人は、因果関係を論理的に説明すべきだ。財閥解体、農地改革、女性参政権を含む普通選挙の実施、国民主権・基本的人権・平和的生存権、今我々が享受している自由や権利は全て敗戦の結果もたらされたもの。戦いで手にしたものではない。

戦後の経済発展、高度成長も、国連加盟を前提としたIMF-GATT、統一世界市場への参加、特にアメリカへの「集中豪雨的」輸出によってもたらされたものだ。経済発展という面でも、「あの戦い」との連続性は存在しない。

僕は「あの戦争で犠牲になって倒れた多くの方たちのおかげで、今日の我々がある」という事の本当の意味は、日本国憲法に凝縮された「戦後的価値」に導いてくれたことだと思っている。立憲主義も、国民主権も、基本的人権も、平和主義もこの賜物であり、戦陣に散った先輩たちの贈り物だと思っている。──

写真は直接関係なく、大阪駅です。

白米?


最近、気づいたが「白ごはん」のことを「白米」という(いや、「書く」?)人が増えているようである。なにそれ。白米といえばお米。玄米を精米したやつ。ご飯に炊く前の状態だと思ってたが違うんかい。

少し前、新聞記事で「その日、彼女はコンビニで白米と鳥の唐揚げの弁当を買おうとして、やめた。」みたいな文章を(確か一人暮らしの女性が困窮しているという記事で)見かけた。気になっていたが、その後、ネットでも複数回見かけた。私は一瞬プラスティックの容器に鳥の唐揚げが入っていて、その横にさらさらしたお米が入っている弁当を思い浮かべて、「いや、そんなもん、どうやって食べんねん!」と脳内でツッコミ、「ちがうだろー!」と声をあげ、それから「は、はーん」と思う。
なんでそんな書き方をするか、推測するに・・・。
「ごはん」と言いたいが、朝ごはん、昼ごはんというように「ごはん」という言葉は「食事」という意味にも使うから、「おかず」の対義語として使っているかどうかわかりにくいのではないかという配慮?から「白米」にしようと思うわけかな。「白米」のほうが正確っぽいと思ったんだろうか。
いや、でも「ごはんと鳥の唐揚げの弁当」で問題ないよね。書いた人は特に悩まず、ふだんから「白米」をよく使ってるんだろう。日常会話ではたぶん「ごはん」とか「飯」というと思う。

あ、そうか。「白飯」のまちがいから「白米」を使うことが広まりつつあるのかも? えーっ!

とにかく変だ!

と私は思う。思うけど、こんなふうにあちこちで用例を見かけるようになったということはもう手遅れだろう。流れる言葉は止められない。私はあきらめがいいのだ。悲しいけど。世の中、思い通りにならないんだよ・・・。
あーあ。いずれわたしも、ひょっとして長生きした折には「白ごはん」のことを「白米」というようになるんだろうか。(こんな言い方おかしい・・・ごはんだよ、ごはん!)とどこかで思いつつ。私って気が弱いから。いやだなー。

写真は梅申東交差点の陸橋。iPhoneのパノラマで撮るとおもしろいです。おととい撮影。

目のこと

そうだ。書くのを忘れてた。街灯のあかりが輪っかに見えるということを前に書いたと思うけど、それがすっかりデフォルトになってしまった今日この頃。そして、なんだか最近、目がすごく疲れやすい。夜、パソコンを使って仕事をしていて、「ああ、もう目が限界だ〜・・・・本日終了」となったり。
そしてそんなふうに疲れた時は「街灯のあかりが輪っかに見える」のがもっとひどくて、なんだかいろんなものがだぶって見える。もともと近眼だから離れたところのものは「ぼやけて見える」のだが、「だぶって見える」ことはなかった。
あ、そうか。ひょっとして「輪っかに見える」のは「だぶって見える」の延長線上にある現象なのかな・・・とだんだんわかってきたり・・・。

で、そうこうしているうちに、ある日、朝起きたら目が痛くて痛くて開けられないということがまた起きた(これは以前から時々ある。何回か)

それでこの際、眼科に行っとこうかと。いつも行くところとは違うところにした。新規開拓。

そしたら、なんと「白内障、ちょっと出てますね。目薬出しておきます」と言われた。

あー、そうだったのか! なんとなくいろいろ腑に落ちた。目が疲れやすいのも、だぶって見えるのも、ネットでちょっと調べても「白内障の初期の症状」としてリストアップされてるじゃないか!

まー、友人知人の中にはすでに白内障の手術を受けた人も複数いるし、年を取ったらごくフツーになる病気なんだよね。なるほどね。

白内障は基本、治らないのでひどくなったらやっぱり手術なのだろうけど、軽いうちは目薬で「進行を抑える」ことができるのだとか。そういう薬らしい。効くのかどうかしらないけど。
でも、手術を受けた人はその後快適に暮らしているみたいだし、手術は割と簡単なものらしいと聞くので、まあいいか。いや、よくないと言っても仕方ないんで。

というわけで、あまり目に負担がかからないよう、何事もぼちぼちとやりたいと思ってます。

ところで、駅前の商店街の工事が本格化してきました。

風鈴まつり

ちょっと前にも風鈴の写真をのっけた。夏越の大祓でT神社に行ったとき、風鈴がちょこっとつるされてたので写真に撮ったわけだけど、風鈴といえば、以前から(といっても割と最近と思う)「風鈴まつり」をやってるところがある。蜂田神社だ。
この際、そっちにも行ってみないわけにいかないだろうと、今日行ってきた。たまたまワクチンの接種の日で、帰りにどこかで写真でも撮りたいなと思ってたので。

蜂田神社はT神社に比べると小さなお宮さんで、全体が木立におおわれている感じ。だから、境内に入ると一気に涼しくなる。日傘不要。今日なんかかんかん照りだったけどね。やっぱり「木」の力ってすごい。地球温暖化なんだからもっと街の中に緑を増やしたり、建物は庇を深くして日差しを遮るとかしないといけないのじゃないかな。そしたら冷房代節約できると思う。そうだよ、緑を増やすのを義務にしなくちゃ!もっと真面目に考えて・・・何の話だっけ。

そうだ。風鈴だ。風鈴まつりだった。

風鈴をみてたらひとりのおっちゃんに「こんにちは」と、声をかけられる。「こんにちは」と返し、「えっと、こちらのお宮さんの方ですか」と聞くとうなずく。
「宮司さん」と言えばいいのかもしれないけど、見かけポロシャツのふつうのおっちゃんだったので。この宮司さんが話し好きのひとでいっぱい説明してくれる。

「T神社に行った? ああ、あそこは(風鈴の数が)200くらいやろ。うちは1300以上」
「T神社のはな、全部買うんや。うちは寄付」
「木がいっぱいで涼しい? うちはコンパクトシティーやない、コンパクト神社やから」(そんな言葉があるのか)
ちなみに、T神社は広い敷地が自慢で、なにしろあのへんの公園ももとはT神社の土地だってくらいだから蜂田神社何個分やねんてくらいだけど、ていうか、だからというか、本殿の前はがらーんと広い、何もない空間がひろがっている。風鈴コーナーもそこにあるので、私が行ったときなんか梅雨明け直後の猛暑で、あまりの強烈な日差しに写真を撮ってるうちにぶっ倒れそうになったのだ。コンパクト神社の蜂田神社は涼しいけど。という意味。

境内にはあちこちに細いロープがはりめぐらされ、そこにいろんな風鈴がつるされている。100均のもいっぱいあるが、昔ながらの陶器の風鈴を集めた一角もあれば、江戸風鈴、伊万里焼(高いものらしい)、喜多方の風鈴、ついでにバリ島の風鈴、ではないけど、それに近いもの(これも寄贈されたとか)とかを集めた一角も。こどもたちがペットボトルを使って作ったものとか。なかなか楽しい。風が吹くとそれらがいっせいにちゃらちゃらちゃらちゃら・・・・と鳴り響く。幻想的で、どこかシュールな趣もある。

深い緑のなかに風鈴、なので写真を撮るのも楽しい。でも、木が多いので蚊も多い。途中から足をかいては「あー、かい!」腕をかいては「かい!かい!」。発狂しそうになって撮影終了した。

地球温暖化の対抗策はやはり緑を増やすことだが、蚊の対策も忘れてはならないのだ。うむ。