ゲコ亭など

今日は某委員会有志のメンバーで「銀シャリ屋ゲコ亭」(阪堺線「寺地町」駅前)に集合、ちょっと早めのお昼を食べました。
「ちょっと早め」というのは見栄を張った言い方で、11時ですから、ヤマシタはふだんならやっと起きたばかり。実際はアラームと目覚まし時計をダブルでセット、ちょー早起きして行ったのでした(たいへんなんですよ、もー)。

0207
ゲコ亭はおいしい炊きたてご飯で有名なお店。おかずは自分で選べます。私はあんまり量は食べられないのでブリの照り焼きと菜の花のおひたし、卵焼きをチョイス、それにワカメとお豆腐、揚げさんのお味噌汁。

0207-2
お茶碗にてんこもりにされたご飯を見てびびったけど、さすがおいしい。私はごはんは柔らかめが好きで、「固かったらいやだ」という思いからついつい水を多めに、べちょべちょご飯にしてしまう。でも、ゲコ亭さんのはべちょべちょじゃなく、もちろん固くもなく、ふわっとして、とっても「いいあんばい」。なのでてんこもりのご飯もぱくぱく完食して、満足満足。ブリもおいしかったー。

そのあと、すぐ近くにある「かん袋」でデザートに「くるみ餅」。こちらも堺では有名な老舗ですが、私は初体験。先に注文して、テーブルで待つのですが、そのとき、こんな木の札を渡されます。別に服を脱ぐわけでもないのですが。

0207-3

細かく削られた氷の下に、あんにくるまれたお餅が入ってます。

0207-4
食べたあと、そのまま帰るのも惜しいので、少し付近を散策。
私って、奈良も京都も、それどころか地元堺のことも全然知らない人なんです(いったいどこ知ってるんだ)。今日はだいぶいろいろわかりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です