映画観てきた

今日は「チャッピー」を観てきた。
2016年(来年じゃん!)のヨハネスブルグが舞台で、「スカウト」と呼ばれるタイプのロボット警察官が活用されている。スカウトは単なる「ロボット」であるのだが、開発者のディオンがAI(人工知能)を搭載したロボットを作ろうとし、廃棄処分になっていた一体のスカウトに(会社では禁じられていたのに内緒で)インストールして、それが悪用されて・・・というお話。
日常的にUFOが空にぶら下がってるという「えー」な設定の「第9地区」はなかなかおもしろかったが、同じ監督の作品らしいと知って観に行った。
ロボットに人工知能・・・となるとなんだか悲劇的な結末になるのかな、あまりつらいのはごめんやで〜とかいろいろ思いながら観てたのだが、そんなにつらくなかった。ハンカチ用意してたのに(笑)。けっこう楽観的であり人情話っぽいところもあり、まあ楽しいお話だ。「あー、ほんとにこうなったらいいけどな・・・」と思えて、後から思うとそこがかえって切ないかもしれない。

予告編では「007」と「ミッション・インポッシブル」のシリーズ最新作をやっていて、どちらもいかにもかっこいい。予告編はいいとこどりしてるもんだとは思うが、それにしてもいわゆるひとつのスタイリッシュというやつだ。「チャッピー」とはだいぶちゃうぴー。でも、予告編がかっこよくて観に行ったらがっくりというのもよくある話だ。

20150606

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です