Aは◯◯◯◯◯のA

昨日、突然Adobeのアプリがすべて使えなくなるという事態発生。まじあせった。

自分でいろいろ調べて試すも解決せず、今日、Adobeのサポートセンターに電話して、やっと解決! 元に戻った時はめちゃくちゃうれしかった・・・。

私は一応、コンプリートプランというやつを使ってて、期限までまだひと月近くあるんだけど、昨日illustratorを立ち上げようとしたらどん!とウインドウが開いて、そこには「illustratorの7日間の無料体験版を使用開始します。」と。無料体験がいらんのやったら今すぐAdobeで購入しろ、の二択しかない。はあ?! 

どっちも拒否ったらいきなりillustrator終了。なんなんだこれ! 私はちゃんとお金払ってるのに。めちゃ気分悪い。気分悪いだけじゃなくて、正直いってAdobeのアプリ使えないと話にならない。illustratorだけじゃない。pdfがメールに添付されてきたので開こうと思ったらまったく同じことの繰り返し。そうか。Adobe全般としたらAcrobatも使えないんだ。当然か。こりゃまいった。

それで、今日の午前、冒頭に書いたようにサポートセンターに電話したわけだけど、サポートセンターの人って相変わらずていねいに、ていねいに対応してくれるよね。決して突然切れて「ええ加減にせえよ! そんなこともわからんとうちのアプリ使うてんのか!」なんて言いません。みんな、人間ができてるなあ・・・と、気の短いヤマシタは痛感したのであります。

ところで、こういう時、電話でメールアドレスを伝えたりすることがあって、聞き間違えないように単に「m」とか言わず「メキシコのm」とか「イタリアのi」「東京のt」「大阪のo」などと言うんですね。
そういえばだいぶ前にもサポートに電話したことがあり、その時、「なるほどこんなふうに言うんだ」と感心したことがある。それで今日、自分から気を利かせたつもりで「アップルのa」と言ったりしてたのですが、それを復唱したスタッフさんは「・・・アドビのa」。

あ、そうだった! ここはアドビだった。

失礼しました!

画像は去年名古屋で撮ったもの。(写真整理するひまがなかったので、いろいろほったらかしになってました)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です