襖絵

昨日のNHKスペシャル「高野山ふすま絵に挑む」で金剛峯寺に新たに奉納された千住博の襖絵とその制作過程が紹介されていたが、この間行った時にそれを見ることができた。

千住博の作品はいかにも今風のものだが、金剛峯寺には他にもいくつも襖絵があって、写真撮影は許可されてなかったけど、どれも鑑賞することができる。

狩野派の豪華な作品もいいけど、私が気に入ったのは守屋多々志のもの。四季の花や木を描いた華やかな色彩のもよかったけど、弘法大師が唐に渡り、その後高野山を開くまでの歩みを描いた墨彩の作品が良かった。

襖絵だけでも見応え十分で、つくづく高野山の底力、みたいなものを感じさせられた。やっぱりすごいです。今は観光客も少なく、ゆっくり見られるのでおすすめかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です