懸案事項

今日は懸案事項3つのうち2つをかたづけた。
ひとつは、Y銀行に行くこと。行けば時間がかかりそうだったのでだいぶ後回しになっていた。係の人にも「遅いので(書類が)届いたのかどうか心配してました」と言われたけど、平日の昼間にしか行けないんだから。
もうひとつは伸びっぱなしの髪を10センチほど切ったこと。

残るひとつは歯医者に行って親知らずを抜くことだが、えっと、決しておぢけづいて先延ばしにしているのではない・・・と言い切れないところがつらい。

私は子どものころほとんど歯医者に行かずに済んだ人間なので、去年まで歯医者に行くのをいやがるひとの気持ちがわかっていなかった。去年の「型どり」でめげた。いまは、歯医者ぎらいの人の気持ちがすごーくわかる。大人になったんだ(しみじみ)。

今回は親知らず。ずいぶん昔に左上の親知らずは抜いたことがあり、そのときはあっけないくらい簡単に終わったのだが、上の親知らずは根が浅いので、そんなもんらしい。下はちがうのだ。
今回、まずレントゲン写真を見せてもらったら、斜めに生えた親知らずの根っこは、まるで深海に横たわるナマズのように歯茎の中で堂々たる存在を主張していた。長い。
こんなもん、どうやって抜くんだよ・・・・。
横向いてるし・・・。
にわかにおそろしくなった私。さらに職場でそれとなくリサーチすると「あれはほとんど『工事』」「がんがん、すごい音で」「あごはずれるかと思った」「麻酔をするので痛くないけど口の中にたまってくるので苦しい」「あれはもう・・・」「ねえ・・・」
わわわ、聞かなきゃよかった・・・!

この間は応急処置として欠けたところにセメントを詰め、「抜くかどうか、次のときまでに考えてきてね」と医者はつとめてやさしく言うが、抜かんわけにいかんだろうし。隣接する歯も、その影響で虫歯になっていて、その治療もしないといけないというんだから。
「10分くらいかな。うん、そんなに大変じゃない」というので「ちょっと大変なんですか・・・」と聞くと「うん、そやね。ちょっと、大変かな」嘘をつけない人らしい。
いや、私も何を聞いてるんだろう。まるでおもしろがってるみたいじゃないか。自分のことなのに。

えっと、とにかくですね。
この件が済めばだいぶ気持ちが楽になりそうなんですけどね・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です