私としたことが その2

昨日、ツタヤの更新に行った。家に来たはがきを持っていったら、「このおはがきで1本無料でレンタルできるんです。何か選んで持ってきてくださったら更新のお手続きも同時にさせていただきます。新作でもいいですよ」というので「ふーん。じゃあすぐに選んできます」と言ってカウンターを一旦離れた。
で、どれにしよう・・・と思ってうろうろしてたらけっこう目移りするんだよね。
一応私のiPhoneの「メモ」には「観たいDVDリスト」というのもあるんだけど、それってどれも「埋もれた名作」とか「超有名だけど私はまだ観てないのでいつかこっそり観ておくべきやつ」の類で、当然新作じゃない。新作でも無料というのだから新作じゃないと損じゃ! とけちな考えが浮かぶし、新作の棚を見てたら、それほど観たいのもなく、でも無料なんだし、とか思ってるうちに時間がたって「なんやあのおばはん、すぐに持って来る言うていつまでかかっとんねん」と思われそうであせる(実際はそんなこと思われてるわけない。昨日は客がいっぱいいて、行列できてたくらいなのでだれもいちいち覚えてない)。あせって選んだのが、なんと、私としたことが吉永小百合の「北のカナリアたち」。私、そんな好みやったんかい!
まったく人はあせると何をするかわかりませんな。

で、さっき観ましたが、北海道のさっぶそ〜な自然と森山未來くんの演技がよかったです。以上。無料だったし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です