南海本線の夜

昨日は食事会があり、おいしいものたくさんと「へー」の連続のお話を楽しんできた。

会場となった店の最寄り駅がこの蛸地蔵駅。同じ南海本線・諏訪ノ森などとよく似たレトロなかわいい駅。大正14年の建築とのことだ。

ここから南海本線で帰ったが、途中急行に乗り換えたら大きなスーツケースを前に置いて座ってる観光客がいっぱい。関空から乗ってきた中国人旅行者らしい。うわさには聞いていたが、私がふだん使ってるのは南海の系列でも違う線なので、これはものめずらしい光景。ラピートは特急料金が必要なので必ずしも利用しないらしい(そりゃそうだ)。

時折中国語が聞こえるが、夜だし、疲れているのかしゃべってる人はそれほど多くない。
終点の難波が近づくと、沿線の光景も少しずつにぎやかになる。そして、難波。たくさんのホーム、まぶしいばかりの明かり。こんなに大きな駅だったかなと思う。観光客たちもそわそわし始め、身の回りのものをチェックしたり、スーツケースを確かめたり。これからいよいよ日本での旅が始まる、わくわく気分が私にも伝わってきた。電車が止まる。ドアが開いた。
大阪での旅が楽しいものになりますように!

写真は夜の蛸地蔵駅。

0706

0706-2

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です