ナガミヒナゲシ繁殖中

猛烈な繁殖力で「生態系を乱す」といわれているナガミヒナゲシだが、すでにかなり生息域を広げている。今日、歩いていたらとある駐車場そばにたくさん咲いていた。カラスノエンドウも花盛り。

iPhoneで撮ったりしてたら小学生の男の子二人が来た。そのうちの一人がこの花を摘んで、私に差し出す。くれるのかと思ったらそうではなく、「写真に撮ったら。手は入れなくていいよ」という。それでまあ、言われた通りアップで撮って「こんな感じでいいかな?」と見せた。花は5センチくらいの茎がついた状態で、4本か5本あった。男の子はそのうちの1本だけくれると「ほな僕、友だちが待ってるから」と言って歩いていった。

というわけで、その後ヒナゲシを1本だけ手に持ち、どうしたもんじゃろな〜と思いながら歩いてた私であった。

0418

カエデの花

数日前に撮ったものなので、いまはもっと葉っぱがひろがってるかも。
今日は朝の7時に起きたので眠い。眠いんだから早く寝ようと思うんだけど、ぐずぐずしてるうちに目が冴えてくるのがいつものパターン。

先週の火曜日に風呂場の天井を塗り替えてもらった(また「奥さん」「奥さん」と言われた)のだが、いまだに家中がペンキ臭い。

0417

銀行

重厚な建築で有名な淀屋橋の某銀行。表口は閉鎖されていて、これは横にまわったところの入り口。
亡き姉が勤めていたところなのだが、姉の話をすると長くなるし、しんみりしてとまらなくなりそうなのでやめておく(笑)
とりあえず建物は立派だし、壁がいい感じだったので。

0403-2

シナミズキと桜

にぎやかな公園の片隅、だれもいないところで黄色い房のような花をいっぱいに咲かせている木があった。帰ってからネットで調べたらシナミズキらしい。蝋梅とかサンシュユとか、春は黄色い花の咲く木が多いような。あ、ミモザもね。

0402-1

桜もやっと咲き出した。あちこちで「咲いてるやん」「咲いてるわ」の声。

これ(下の写真)を撮っていたらお姉さま二人組がやってきて、写真を撮ってほしいと言われた。コンデジを差し出され、おふたりに桜の前に立ってもらって撮ったけど、あれでよかったのかなあ。こいうときも自信持って撮れるようになりたいものだ。

0402-2

變電所

老松通りの近くにあった、なんか変な建物。なんだろな、これ・・・とぐるっと横にまわってみてもあやしげな雰囲気だけ。表を見たら「曽根崎變電所」と小さく、古ぼけた文字が見えた。へーそうなんだ。

0401

展覧会に行ってきた

国立国際美術館で行われている「クラーナハ」展に行ってきた。もともと好きな画家(ファブリ名画集持ってる:笑)だけど、改めて、いいなあと思った。だけど、いつから「クラナッハ」じゃなくて「クラーナハ」になったのだ。チケット売り場のお姉さんは「はい、クラーナハですね」と、「ラ」にアクセントを置いて言ってた。こうなると全然違う画家みたいだ。クラナッハの場合はふつうに言う。ふつうがどんなんやねんと言われそうだが、たとえば「わっはっは」みたいに。

あと、クラーナハに影響を受けた画家の作品、みたいなのをところどころに織り交ぜて展示してあって、ちょっとしらけた。私は美術史の勉強をしに行ったわけでなく、好きな画家の作品を間近に、ぼーっと見ていたいだけなんだけど〜。

そのあと、友人の参加してるグループ展を観に、老松通りのギャラリーまで歩いた。おかげで今日はiphoneのヘルスケアによると13500歩以上歩いたらしいが、街中をぶらぶら歩くのは楽しい。

写真はギャラリーの近くで。中央の高いビルのふもとにかわいいデザインの交番がちょこんとあるんだけど、これではわかりにくいかな。

0330

咲き出した

窓の外に植わってるベニバスモモが今年も咲き始めた(室内から撮影)。桜によく似た花で、桜よりちょっと早く咲く。しょっちゅうキツく剪定されて、かわいそうなくらい。ほんとうの姿はどんななんだろうと思う。
人間でも、髪の長いひとを見るたびに「うっとうし〜!」「切ったら?」というおせっかいなひとが時々いるけどね。

スズメが寄ってきたのでついでにパチリ。

(追記)と書いたけど、これ、ひょっとしてツグミか何か? スズメのおなかはこんなんじゃなかったかも・・・。

0328-1

0328-2